プライバシーポリシー

オプトアウトによる研究情報の公開について

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施をします。臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用い研究や、余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。
このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

2018年度承認の臨床研究

部門研究課題名
循環器内科4DCTとvoltage mapに関する後ろ向き観察研究(No.2018_009)
呼吸器内科成人市中発症肺炎(COP)における肺炎球菌性肺炎の疫学研究(No.2018_008)
循環器内科淡路島内の急性心不全発症に関する後ろ向き観察研究(No.2018_007)
循環器内科カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)(No.2018_006)
心臓血管外科日本低侵襲心臓手術学会MICSレジストリへの症例登録(No.2018_005)
放射線科心臓CTにおける右心機能評価に関する後ろ向き観察研究(No.2018_004)
整形外科・総合内科高齢整形外科入院患者のポリファーマシーに対する、総合内科主導の多職種チームアプローチの検証:後ろ向き観察研究(No.2018_003)
心臓血管外科急性A型大動脈解離に関する後ろ向き観察研究(No.2018_002)
呼吸器内科Pembrolizumabに関する後ろ向き観察研究(No.2018_001)

2017年度承認の臨床研究

部門研究課題名
薬剤科ニボルマブにおける奏功因子の解析に関する後ろ向き観察研究(No.2017_001)