診療科・部門・センター紹介糖尿病ケアチーム

糖尿病ケアチーム(Diabetes Care Team:DCT)

当院では、開院以来多くの糖尿病患者様の診療とケアを行ってきましたが、2017年糖尿病・内分泌内科が新規に開設されたことを契機に、多職種が連携し患者様へより良い支援ができるよう糖尿病ケアチーム(DCT)を立ち上げました。DCTは、糖尿病・内分泌内科専門外来、総合内科外来および病棟に勤務する糖尿病に関する専門的知識と資格を持った様々な職種のスタッフを中心に構成された医療チームで、糖尿病および関連合併症や生活習慣病の患者様の個別的な病状や背景に対応した診療や療養指導並びにご家族の支援を行っています。

メンバー構成

  • 医師(糖尿病・内分泌内科、総合内科)
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 管理栄養士
  • 臨床検査技師
  • 理学療法士
  • 作業療法士

※日本糖尿病学会専門医および指導医、糖尿病看護認定看護師、特定看護師(血糖コントロール)、日本糖尿病療養指導士など専門資格を取得しています。

活動目的

  • 医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師などが各職種の専門性を発揮し情報共有連携を行いながら糖尿病と共に生活する患者様の支援を行う。
  • 患者様に療養行動を継続してもらうため、個々に応じた治療や知識習得ができるよう支援する。
  • 合併症の発症や発展予防のため、教育入院や外来指導で継続した知識提供、フォローを行う。

活動内容

  • 糖尿病教育入院(9日間)患者様に対する集団指導
  • 教育入院患者様を対象としたDCTカンファレンス
  • 教育入院以外で他の診療科入院中の患者様の血糖調節(特に術前・術後)やスタッフの相談対応
  • 入院および外来の糖尿病患者様・ご家族の方への糖尿病教室(1回/月)・学習支援・療養相談「療養指導外来」
  • 糖尿病腎症悪化を防止するための「糖尿病透析予防指導外来」
  • 糖尿病の足病変を予防するための「フットケア外来」
  • 外来でのインスリン注射導入・血糖自己測定
  • CSII(持続インスリンポンプ療法)、Sensor-Augmented Pump(SAP)、リアルタイムCGM(持続血糖モニター)、プロフェッショナルCGM、パーソナルCGMによる診断と治療
  • ブルーライトイベント:1回/年(11月)
  • 学会発表