診療科・部門・センター紹介看護部

看護師の活躍

高度医療

救急センター

当院は地域の重症患者を多く受け入れており、早急に対応する必要がある患者の対応は救急センターで行われます。命に係わる重症患者が日々来院しており、緊急性が高い重症患者を優先的に対応しています。
救急センターで対応する疾患は当院で受け入れているすべての科の疾患です。そのため看護スタッフも幅広い知識や経験を求められます。救急認定看護師が在籍し質の向上を図っています。
救急患者に対し適切で迅速な対応が行えるよう医師、看護師が協力しあい対応を行っております。

救急センター

ICU

「ICU」とは、Intensive Care unitの頭文字をとったもので、日本語では「集中治療室」のことです。心臓や肝臓など大きな手術の後や、急な発病により生命の危機に陥った患者様に対して、昼夜を問わず、最良の医療と心身両面の的確な看護を提供しています。また、患者様を支えるご家族への精神的ケアの実践も常に心掛けています。ICUは8床のベッドしかありませんが、看護師の人数が減る夜間でも4人の看護師が配置されており、濃厚な看護を行っています。

ICU

HCU

HCUとは、ICU(集中治療室)と一般病棟の中間に位置する病棟です。
当院は急性期医療および重症患者治療に重点を置いており、診療科を問わずクリティカルケアを必要とする重症患者が絶え間なく入室されています。
 患者が早期に生命の危機を脱し、より円滑に回復できることを目標とし、心身ともに強いストレスを感じている患者や家族に対して、生活の場としての環境と質を保つことを心がけ、安全・安楽なクリティカルケアを提供しています。

HCU

手術室

6室の手術室と、1室のハイブリッド手術室の合計7室で稼働しています。
例えば、
心臓血管外科:心臓手術・血管手術など
消化器外科:ソケイヘルニア・腸切除・胃切除・腹腔鏡下(内視鏡)手術・乳房手術など
整形外科:骨接合術・頚椎や腰椎手術・人工関節置換術など
産婦人科:帝王切開術・卵巣や子宮手術、腹腔鏡下手術など
呼吸器外科:肺切除・気胸手術・縦隔腫瘍切除・胸腔鏡下手術など
を行います。

手術室

心臓血管・不整脈センター(心血管造影治療室)

心血管造影治療室は、略してカテ室とも呼ばれ、不整脈治療を中心に行う1室と、心筋梗塞・狭心症など虚血性心疾患の検査や治療を行う1室の合計2室があります。
カテ室は医師・看護師だけではなく、臨床工学技士・診療放射線技師と協力しながら検査・治療を行っています。

心臓血管・不整脈センター(心血管造影治療室)

消化器・内視鏡センター

消化器・内視鏡センターは4つの検査室と2つの治療室を備え、吐血や下血などの緊急処置に24時間365日対応可能な体制を整えています。内視鏡技師免許を持った看護師を中心に、高度な内視鏡看護を提供するために日々研鑽を積んでいます。

消化器・内視鏡センター

地域周産期母子医療センター

NICU・GCU 16床

NICU(新生児集中治療室)6床、GCU(回復治療室)10床の新生児の病棟です。早産で出生した児、呼吸障害や2500g以下で出生した低出生体重の児、黄疸のある児などの治療、看護を行っています。地域周産期母子医療センターとしての役割を担い、近隣の病院から新生児搬送を受けています。

NICU・GCU 16床

南館2階(産婦人科) 25床

南館2階病棟は、主に産後のお母さんに入室していただく「母児同室エリア」と、切迫早産など妊娠中の方などに入室していただく「一般病室エリア」、出産で来院された方に入室していただく「LDエリア」に分かれています。
スタッフは、全員助産師の資格を持っています。日々の関わりの中で、安心して、満足する出産をしていただけるよう、そして、自信をもって育児を行っていただけるよう、妊産褥婦の方々を支えたいと考えています。

南館2階(産婦人科) 25床

一般病棟

外来・透析検査

認定看護師(平成29年度)

感染管理認定看護師 1名
摂食・嚥下障害認定看護師 1名
皮膚・排泄ケア認定看護師 1名
緩和ケア認定看護師 1名
集中ケア認定看護師 1名
救急看護認定看護師 2名
手術看護認定看護師 1名
がん化学療法看護認定看護師 1名
慢性心不全看護認定看護師 1名
糖尿病看護認定看護師 1名
認知症看護認定看護師 1名
認定看護管理者 2名