診療科・部門・センター紹介技術部 薬剤科 

技術部|薬剤科

薬剤科

薬剤科では患者さまの安全で効果的な薬物治療に貢献できるよう、医薬品の適正使用に努めています。

調剤業務

医師より発行された処方箋に従い薬の調剤を行います。
入院患者さまの内服薬、注射薬は用法・用量はもちろん他の薬剤との飲み合わせや検査値を確認し、適正に使用されるように調剤しています。当院は院外処方になっており、外来患者さまは保険薬局でお薬をもらうことになっています。

病棟業務

病棟薬剤業務、薬剤管理指導

当院の一般病棟には薬剤師が常駐しており、持参されたお薬の管理も含めた患者さまの薬物療法が安全に行えるよう、カルテや検査値を確認し、処方内容の確認、服用計画の検討を行っています。また、入院患者さまに薬の飲み方、作用、副作用、薬と病気の関係などできるだけ分かりやすく説明しています。また、薬物治療の効果や副作用の出現の有無を確認し、医師と協議して最適な薬物治療が行える処方を検討しています。患者さまの不安や疑問にお答えして、薬物治療を積極的に受け入れていただけるよう努めています。その他にも病棟に常備している薬剤の管理も行っています。

医薬品情報業務

薬剤に関する情報を収集、評価、提供することで医師や看護師、他の薬剤師の仕事を支援する業務を行っています。

医薬品管理業務

薬学的知識を基に適正な状態で使用されるように薬剤の保管、管理を行っています。また、必要な薬剤が患者さまに使用できるように医薬品の購入、在庫管理、供給を行っています。

製剤業務

入院患者さまの高カロリー輸液や心臓血管外科の手術で使用する注射薬を薬剤科内のクリーンベンチで無菌調整しています。

化学療法室

抗がん剤はがん化学療法レジメン委員会で承認されたレジメンに基づき、投与量のチェック、鑑査を行った上、化学療法室の安全キャビネットで調整しています。化学療法室にはがん薬物療法認定薬剤師が常駐しており、抗がん剤の点滴を受ける患者さまへの投与スケジュールや副作用の説明、実際に副作用が出現していないか確認を行っています。また個別の支持療法の検討や副作用があった場合は医師と協議し、その対応を検討しています。

各種チーム医療への参加

当院の薬剤師は様々なチーム医療や患者指導チームに参加しています。

  • ICT(感染対策チーム)
  • AST(抗菌薬適正使用支援チーム)
  • NST(栄養サポートチーム)
  • 緩和ケアチーム
  • RCT(呼吸ケアチーム)
  • 糖尿病教室
  • 心臓リハビリテーション教室
  • IBD(潰瘍性大腸炎・クローン病)教室
  • 呼吸ケア教室
  • 外来化学療法チーム
  • 認知症サポートチーム
  • 褥瘡対策チーム
  • ポリファーマシーチーム  など

薬学生実務実習の受け入れ

当院は薬剤師養成のための薬学生実務実習受入施設に認定されています。薬学生が指導薬剤師に同行し、入院中の患者さまを訪問することもありますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

薬学生実務実習受入実績(2018年度)
   Ⅱ期 2名 Ⅲ期 2名

認定・専門薬剤師等

• 一般社団法人日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1名
• 一般社団法人日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1名
• 一般社団法人日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名
• 一般社団法人日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名
• 一般社団法人日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師 3名
• 一般社団法人日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師 1名
• 公益社団法人日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
• 一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士 2名
• 日本糖尿病療養指導士 2名
• 認定実務実習指導薬剤師 4名
• 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 2名
• 公益財団法人日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 4名
• 認知症サポーター 4名

臨床研究

オプトアウトによる研究情報の公開について