診療科・部門・センター紹介技術部 リハビリテーション科

技術部|リハビリテーション科

リハビリテーション科ってどんなところ?

リハビリテーション科では、日常生活活動(ADL)の改善と、生活の質(QOL)の向上を目指します。病気やケガ、手術などが原因で運動機能が低下した状態にある方に対して、体力の回復や動作能力の改善を図るための体操や運動、また生活復帰へ向けた日常生活での動作練習や環境整備に対する助言などを行います。

いろいろな状況に応じた練習ができるよう、本館2階のリハビリテーション室には、屋外歩行練習用の庭園のほか、畳の上での動作練習や、入浴や炊事などの動作練習をするためのADL室などを備えています。また必要な場合には、退院前に自宅へ直接訪問し、在宅での生活動作や運動指導、住宅改修や福祉用具の選定に対する提案等をさせていただくこともあります。
本館3階の心臓リハビリテーション室では、心臓カテーテル後や外科的手術後、心不全などの患者さまへ向けて、安全かつ効果的に運動を行っていただけるよう、心電図モニターを確認しながら自転車エルゴメーターなどを用いて、運動負荷量の調整や、再発予防に向けた動作指導などを行なっています。
そのほか、患者さまの状態に合わせて、一般病棟のベッドサイドだけでなく、ICUやHCUに在室中の早期から積極的に介入し、体力の低下を最小限にとどめ、また少しでも早く改善できるように、早期の離床を心がけています。

地域に根差した医療の一端を担うべく、患者さまやご家族とのコミュニケーションを大切にし、明るく笑顔のあふれるリハビリテーションをモットーに、他職種との連携を図りながら、家庭復帰、社会復帰へ向けたお手伝いをさせていただいています。

医療記事