診療科・部門・センター紹介技術部 検査科

技術部|検査科

検査科ってどんなところ?

検査科は、病気の診断・治療や予防に必要な情報を提供する検査を行っています。具体的には、採血された血液などを調べる検体検査や、手術などで体から取り出された組織や細胞を調べる病理検査、また、患者さまに直接触れる心電図や超音波検査などの生理検査を行っています。
当院は、地域の急性期医療を担う病院であり、24時間365日いつでも緊急検査に対応できる体制を整えています。検査科では、検体検査・病理検査・生理検査などすべての検査は臨床検査技師が行っており、各分野に専門知識を持つ認定技師が在籍しています。それぞれのスタッフは研修会やカンファレンスなどを通して最新の知識を得る努力をしながら、常に正確で迅速な検査結果の報告を目指しています。院内においては、チーム医療を担うスタッフとして、ICT(感染制御チーム)・NST(栄養サポートチーム)・ハートチームなどの一員として検査科内だけでなく手術室や病棟でも活動しています。

検体検査

検体検査では、患者さまから採取した血液・尿・便などを検査し、身体の中の状態を把握して病気の診断や治療効果の判定などの手助けをしています。
検体検査は主に以下のように分かれます。

血液学的検査・・・貧血検査や白血病の有無、血液の固まりやすさなどの検査をします。
生化学検査・・・肝機能や腎機能などに障害がないか調べます。
免疫学的検査・・・ホルモンや感染症、腫瘍マーカーの検査などです。
一般検査・・・尿に異常がないか、便に血が混じっていないかを調べます。
輸血関連検査・・・血液型検査や輸血前に行う交差適合試験などが含まれます。
微生物学的検査・・・病気の原因である細菌の有無を調べます。

病理検査

病理検査は、手術・内視鏡などにより、生体から採取された組織や細胞を、顕微鏡を用いて観察し、構造や形態から、病気の良悪・進行度などを判定診断する検査です。
*病理診断科も併せてご覧下さい。

病理組織検査・・・手術などで採取された各種臓器や病変部組織の良悪・広がりなどを検査します。
細胞検査・・・子宮・乳腺・気管支などから採取された細胞、痰・尿などに含まれる細胞の良悪を判定する検査です。
病理解剖・・・お亡くなりになられた患者さまの死亡原因や生前の診断・治療は適切であったなどを検証するために行います。

生理検査

生理(機能)検査は直接患者さまに接して行う検査です。身体の状態や機能を画像や波形にして把握し、治療や診断に役立てます。

  • 循環器的検査・・・不整脈の有無や、心臓・血管の状態を調べます。
  • 呼吸器的検査・・・肺の大きさや換気能力などの状態を調べます。
  • 神経学的検査・・脳や筋の活動や光や音などの刺激による反応を、電気信号として調べます。
  • 超音波検査・・・超音波を利用して身体の内部を画像にして観察します。
  • その他・・・新生児室で聴覚スクリーニング検査なども行っています。