診療科・部門・センター紹介診療部 糖尿病・内分泌内科

診療部|糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科ってどんなところ?

当医療センターの糖尿病・内分泌内科は、平成29年4月に新設されました。糖尿病および内分泌疾患の中で、最も患者数が多いのは糖尿病です。現在、我が国の糖尿病患者数は約950万人と推定され、糖尿病は代表的な国民病の1つです。しかし、その約3割が未治療と考えられており、合併症を引き起こす前に糖尿病を早期発見し十分な血糖コントロールを行うことが大切です。糖尿病の中でも2型糖尿病の発症や進展には生活習慣の乱れが大きく関わっていることが知られており、生活習慣病について勉強し、正しい知識を持ち、また定期的に検査を受け自分の体の状況を確認し自己管理していくことが大切です。

当院では糖尿病教室を毎月2回行っています。また、糖尿病に関する知識を取得し治療に必要な手技を習得するために、9日間に渡って集中的に勉強していただく糖尿病教育入院も行っています。糖尿病は対処方法を会得できれば、自己管理できる疾病です。当院では医師、看護婦、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師によるチーム医療により患者さまの糖尿病治療が円滑に進むようお手伝いします。

当院では糖尿病教室を毎月2回行っています。また1週間から2週間の糖尿病教育・検査入院も行っています。糖尿病は基本的に自己管理の必要な病気ですが、当院では医師、看護婦、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師によるチーム医療により患者さまの糖尿病治療が円滑に進むようお手伝いします。

内分泌疾患は、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などホルモンを産生する内分泌腺の病気ですが、希少疾患も多く非常に専門性の高い領域です。 当院には内分泌代謝専門医が勤務しており、正確な診断と治療を行うように努めています。

当科は新規開設して、それほど年数が経っていませんが、すでに数多くの患者さんをご紹介いただいております。効率の良い診療、また患者さんの利便性にも配慮して、今後も病診連携に力を入れたいと考えています。例えば、血糖コントロール不良のために当院へご紹介いただいた場合には、病因や病態を検査し治療方針を練り直した後、状態が安定すればご紹介頂いた地域医療機関(診療所)に逆紹介し、必要に応じて併診の形を取りながら、診療所・病院・患者さまにとって最適の仕組みを模索していきたいと思います。 今後も、近隣の医療機関の先生方と密に連携し、住民の皆様の健康維持に少しでもお役に立てるよう努力したいと考えていますので、ご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

医療記事