診療科・部門・センター紹介診療部 心臓血管外科

診療部|心臓血管外科

心臓血管外科ってどんなところ?

心臓血管外科では心臓弁膜症(大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全など)、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞など)、不整脈疾患(心房細動など)、大動脈疾患(胸部大動脈瘤、急性大動脈解離、腹部大動脈瘤など)、末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤など)の手術を施行しています。
心臓大血管手術は年間200例前後、末梢血管手術を併せると年間500例を超えます。また、近年、小切開心臓手術(MICS)や経カテーテル大動脈弁留置(TAVI)、大動脈ステントグラフトなど最新の心臓血管治療を導入し、明石、神戸、播磨地域の患者様に先進的な治療を提供できる体制を整えております。
突然発症することの多い循環器系疾患は、迅速な診断と治療、手術が必要です。日中はもちろん、時間外(夜間、休日)であっても即座に患者さまを受け入れ、診断、緊急手術が可能な24時間体制を整えております。

心臓弁膜症

僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術や大動脈弁狭窄症に対する大動脈弁置換術を多数施行しております。また大動脈弁閉鎖不全症に対する大動脈弁形成術も積極的に施行しております。小切開低侵襲心臓手術では日本をリードする存在であり、僧帽弁閉鎖不全症では殆どの症例に小切開アプローチを適用し、ほぼ全例で自己弁を温存した僧帽弁形成術を施行し、早期回復、早期退院(術後1週間程度)を実現しています。
また、複数の弁に対する多弁置換術や、冠動脈バイパス手術との複合手術など難易度の高い手術においても良好な成績を残しています。
感染性心内膜炎に対しても積極的に早期手術を行っています。

冠動脈疾患

狭心症や心筋梗塞に対する冠状動脈バイパス術(心停止下、及び心拍動下)を施行しています。循環器内科と連携してカテーテル治療と外科治療を適切に適用し、患者さまにとって最適な治療が受けられるような体制を整えております。大動脈バルーンパンピング(IABP)が必要な重篤な状態でも直ぐに入院を受け入れ、緊急手術を行える体制です。

胸部大血管疾患

救急搬送を断らないポリシーのため、急性大動脈解離に対する緊急手術が多いのも当院の特徴です。1分1秒を争う緊急性の高い疾患ですが、迅速に緊急手術体制を整え即座に手術が開始できるよう関係各所の協力体制が確立されているのが強みです。
胸部大動脈瘤に対する人工血管置換術やステントグラフト内挿術も多数行われています。かつては胸を大きく開ける必要があった胸部大動脈瘤治療ですが、今はステントグラフト治療により2~3cmの小さな創で完治が可能になりました。このステントグラフト治療は、肺が悪い、透析中である、脳梗塞歴があるなどの理由で手術は難しいと言われてきた患者さまにも可能な治療法ですので、是非ご相談下さい。

末梢動脈疾患

腹部大動脈瘤のステントグラフト内挿術や人工血管置換術、閉塞性動脈硬化症のバイパス手術を行っています。腹部大動脈瘤は5cmを超えると破裂の危険性があり、より早期の治療をお勧めします。歩行時下肢痛は下肢血行障害の徴候であり、安静時痛に移行する前に御相談ください。より身体にやさしい、バルーンカテーテル、ステントによる血管形成術(血管内治療)も当院循環器内科と連携して施行しています。

下肢静脈瘤

足に蛇のように蛇行する血管の瘤ができる疾患を下肢静脈瘤といいます。直接命に関わる疾患ではないため軽視されがちですが、下肢のむくみや、痛み、こむら返りなどの原因になりますし、何より美容的に気になります。この疾患に対しても下肢に針をさしてカテーテルを入れるだけで治療が完結する血管内焼灼術があります。最近保険適用になりましたので手術を受けられる患者さまが増えています。通常であれば日帰り、もしくは、一泊二日での入院で治療が可能です。

施設認定

  • 外科学会指定施設
  • 心臓血管外科専門医基幹施設
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術 実施施設
  • 胸部大動脈ステントグラフト留置術 実施施設
  • 腹部大動脈ステントグラフト留置術 実施施設
  • 体外式補助人工心臓 実施施設
  • 日本低侵襲手術学会 施設会員

関連ページ

明石医療センター専門サイト

医療記事