診療科・部門・センター紹介医療安全管理室

医療安全管理室

明石医療センターにおける医療安全管理に関する基本的な考え方

明石医療センター(以下、当院)は、地域の中核病院として高度かつ急性期の医療を提供している。近年、医療技術や医療機器の急速な進歩と複雑化する中での安全な医療の提供は重要な課題であり、医療の質を向上させるためにも職員ひとりひとりが日々切磋琢磨し、努める必要がある。
しかしながら、高度化する医療は不確実性とリスクをたぶんに含んでおり、予期せざる有害事象の発生は避けられないことも事実である。したがって、医療過程における有害事象の発生を最大限に防止する取り組みがなされている。
このような複雑化・多様化する医療現場における医療事故を防止するためには、個人の努力だけではもはや限界であり、病院全体として組織的・包括的に医療安全の管理と推進を行うことが重要である。当院では病院を挙げて医療事故発生の予兆を看過せず、発生した事故に対しては迅速な報告をし、対応する能力を養う。事故分析に際しては、医療安全管理室を中心に絶えずシステムの問題と捉え、再発防止策を構築し、状況の改善に努める。
当院に勤務するすべての職員に対し、当院のモットーである「患者さまに信頼される医療」を実践するために、より安全な医療の提供と医療安全に対する意識向上および組織風土の醸成を図っていくことを医療安全管理の基本方針とする。

医療安全管理室の方針

~安全・安心、そして質の高い医療を受けていただくために~

医療安全管理室は患者さまに安全かつ安心して受診していただけるように、医療の環境を整備するという大切な役割を担っています。当院においても医療の内容が非常に高度化・多様化し、医療従事者の努力だけで医療の安全を確保するのは難しくなっています。
そこで、当院では医療安全管理室を設置し、医療事故の防止に向けた病院全体のシステムの改善に取り組んでいます。現在、院内でヒヤリとした事例、ハッとした事例の内容を検討・分析して医療安全対策に役立てています。また、職員を対象に医療安全に関する研修会などを実施して、職員の安全に対する意識の向上に努めています。

主な業務

  • インシデント・アクシデント報告の収集と分析
  • 定期的な現場の巡回・点検
  • マニュアルの作成および点検並びに見直しの提言
  • 医療安全に関する最新情報の把握と職員への周知
  • 医療安全に関する職員への啓発
  • 医療安全に関する教育研修の企画・運営
  • 医療安全全国共通行動事業への参加および報告
  • 医療安全管理に係わる連絡

患者医療安全管理活動

医療安全は患者さまひとりひとりの参加が大切です。

当院で、診療や検査・手術などを受けられる患者さまへ、医療安全活動にご協力をお願いしています。

1.患者間違いを防ぐために、お名前をフルネームで名乗っていただいています。

1)全ての医療を行う前には必ず氏名(必要な時は生年月日)を名乗っていただいています。(何度も名乗っていただく場合もあります。)

2)入院時・救急搬送時は、リストバンドを装着していただいています。
患者さまに名乗っていただくこと、リストバンドでの認証を実施することで患者間違いを防ぐことができます。

◆リストバンドで確認を行う内容
リストバンドのバーコードで患者認証が可能になる。
①点滴の確認
②輸血の確認
③各種検査時の受付
④手術室入室

2.患者さまの医療情報はできるだけ正確にお伝えください。

1)ご自身の既往歴や常用しているお薬・アレルギーなどの医療情報は、医師や看護師などに教えてください。
2)診療を受ける時は、お薬手帳や服薬情報を持参してください。

3.分からない時、心配な時は遠慮なくお尋ねください。

医師の説明時などは、出来ればご家族と一緒に聞かれ十分に納得・理解のうえ治療や検査を受けてください。

4.お気づきの点や診療に関することなどの相談をお受けしています。

1階・総合受付『患者相談窓口』まで、遠慮なくお申し出ください。

医療記事