消化器内視鏡センター

胃瘻(いろう)について

胃瘻とは

胃瘻は、おなかに開けた穴にチューブを通し、直接、胃に食べ物を流し込む方法で、取り付けられた器具を「胃瘻カテーテル」と呼び、内視鏡を使用して胃瘻を造る処置のことをPEG(ペグ)と呼びます。PEGはPercutaneous Endoscopic Gastrostomy(経皮内視鏡的胃瘻造設術)の略語です。カテーテルには色々な種類がありますが、当院ではバンパー・ボタン型を主に使用しています。

PEGの適応

脳血管疾患や認知症、腫瘍などにより嚥下機能に障害がおこると、食べる際にむせて肺炎を起こしやすく、必要な栄養を口から充分に摂取出来ない方がPEGの対象となります。ただし、PEGは食事が充分に摂取出来ない状況への対処法のひとつであり、脳血管疾患など嚥下障害の原因となった根本的な問題が解決するわけではありません。栄養状態の改善や嚥下機能のリハビリにより経口摂取が可能となれば、胃瘻を閉鎖することもできます。PEGが適応出来ない状態としては、胃の手術後、腹水貯留、内視鏡が通過困難、肝臓や大腸との重なりで穿刺部位の確保が困難な場合です。この場合には頸部食道からチューブを留置するPTEGという方法があります。

胃瘻のメリット

胃瘻からの栄養摂取のメリットは、必要なカロリーとバランスの取れた栄養摂取が可能となり、感染や誤嚥性肺炎などの合併症を少なくできることです。点滴からの栄養(経静脈栄養)は感染などのリスクがあり、鼻からの栄養(経鼻胃管)も誤嚥性肺炎や自己抜去(自分で鼻のチューブを抜いてしまうこと)などの危険性があり、留置後2週間を目処に胃瘻を行うかどうかを判断します。また、胃瘻は経静脈栄養や経鼻胃管より患者さま本人や介護者の負担も比較的軽いため、在宅や施設での管理もしやすいのが特徴です。

胃瘻のデメリット

PEGが必須になるため、処置による身体的な負担はあります。PEGに伴い発症する可能性があるものとして感染症、出血、誤穿刺(肝臓損傷や腸管穿孔)、周囲壊死や皮膚潰瘍などがあります。特にPEG施行後早期の自己抜去は汎発性腹膜炎の危険があるため注意が必要です。時に、注入栄養剤の逆流や唾液の誤嚥による肺炎が起こることもあります。

PEGの具体的な流れ

経鼻内視鏡を鼻から胃に挿入し、送気して胃を膨らませた状態で、胃瘻を造る場所を決めます。この際、腹壁と胃の間に肝臓や大腸などの腸管がないことを確認することが大切です。胃瘻造設に使用する処置具ならびに処置の様子を示します(写真1、2)。

写真1:PEGで使用する器具 ①ダイレーター ②胃瘻挿入具(オブチュレーター)③胃壁固定具 ④ガイドワイヤー
写真2:PEG実施の様子

局所麻酔を行った後に造設部位の周囲2ヶ所を糸が入った針で胃内まで刺し、腹壁と胃を糸で結んで固定します(図1)。その後造設部位から少し太めの針を胃内まで刺し、穿刺針内を通したガイドワイヤーにそわせてダイレーター(穴を広げる器具)を挿入します(図2)。穴が広がった部分へガイドワイヤー越しに胃瘻カテーテルを挿入すれば処置終了です(図3、4)。通常、20~30分程度で施行可能です。術後の合併症がなければ翌日から水分の注入を始め、2日目から経腸栄養剤の注入を開始します。腹壁固定の部分は瘻孔形成(周囲の傷が塞がり胃への通りが完成すること)される10日後に抜糸を行いますが、早期の退院やリハビリテーションが可能です。

図1:腹壁固定
図2:留置ガイドワイヤーとダイレーター
図3、4:カテーテル挿入・留置

胃瘻交換について

耐久性の問題などから定期的な胃瘻の交換が必要です。当院では半年に1回の交換としています。内視鏡を使用し10分程度で交換することができ、交換したその日から栄養の注入や入浴も可能です。

最後に

胃瘻は食事が充分に出来ない患者さまへの栄養確保に有効な方法であり、栄養状態が改善して口腔嚥下リハビリテーションで再び口から食事をとることも可能になります。胃瘻造設にあたっては、患者さまの状態・病状、本人の希望やご家族の思いなども総合的に判断し、治療方針を決めていくことが大切です。希望される方は医師としっかり相談してみてください。