消化器内視鏡センター

内視鏡的止血術の実際

消化管出血とは

消化管からの出血が起こった場合には、多くは吐血、 黒色便、血便といった症状が現れます。吐血・黒色便は、上部消化管(食道・胃・十二指腸)からの出血が多く、原因となる主な疾患は食道胃静脈瘤破裂、マロリー・ワイス症候群、胃・十二指腸潰瘍、急性胃・十二指腸粘膜障害、悪性腫瘍などです。大量出血がある場合は、血液循環量の減少に伴う出血性ショック、極度の貧血状態となりますので、緊急対応が必要となります。血便は小腸や大腸などの下部消化管から出血した場合に認められ、主な疾患には小腸出血、大腸憩室(けいしつ)出血、虚血性腸炎、直腸潰瘍、慢性炎症性腸疾患、悪性腫瘍などが挙げられます。憩室出血では腹部症状のない突然の鮮血便、虚血性腸炎では排便後の腹痛と暗赤色血便、潰瘍性大腸炎では頻回の粘血便などの特徴的な症状があります。

内視鏡的止血術

消化管出血の診断・治療には消化管内視鏡検査が有効で、出血源の特定・診断を行って、内視鏡による止血術を行います。止血の方法は様々あり、原因、出血部位、出血の状態などにより最適な方法を選択します。

局注法(薬剤を注入することで血管を固める)

 1:純エタノール局注法
 2:高張食塩水エピネフリン局注法(HSE:hypertonic saline epinephrine solution)
 3:食道静脈瘤硬化療法(EIS)EO、ASなどを食道静脈瘤内に注入し血液を固める
 4:胃静脈瘤硬化療法(EIS)

機械的止血法

 1:クリップ止血法 出血部位や出血している血管を直接クリップで挟んで止血する
 2:内視鏡的結紮(けっさつ)法 (EVL:endoscopic variceal ligation) ゴム製リングを食道静脈瘤に複数個かけることで
   止血、血流遮断を行う

熱凝固法

 1:高周波焼灼術 止血鉗子で出血点を焼灼して止血する接触型の熱凝固法
 2:アルゴンプラズマ凝固法 プラズマビームを発生させ止血する非接触型の熱凝固法

薬剤散布法

 トロンビン液、アルギン酸ナトリウム粉末、フィブリノゲン液などを散布・噴霧する
 他の内視鏡的止血法の補助、併用療法として用いられることが多い

当院では、胃・十二指腸潰瘍出血には、出血部位や露出血管の状態などによってクリップ止血法と高周波焼灼止血術を選択しています。食道静脈瘤の止血予防や待機的治療には硬化療法(EIS)、緊急に止血する場合には結紮療法を行っています。大腸憩室からの出血では、これまでは主にクリップ止血術を行っていましたが、最近では内視鏡的結紮法(EVL:endoscopic variceal ligation) をで止血を行っています。

図1:出血性胃潰瘍(クリップによる止血術)

図2:出血性胃潰瘍(止血鉗子による高周波焼灼術)

図3:食道静脈瘤と結紮術

図4:食道静脈瘤破裂に対する緊急止血術

図5:大腸憩室出血(クリップ止血術)

最後に

消化管出血に対して内視鏡治療は即効的で有効ですが、止血困難な消化管出血もあります。その場合には、迅速な判断と共に放射線科や消化器外科と連携し、カテーテルを用いた血管内治療(IVR:Interventional Radiology)や緊急手術を行っています。