消化器内視鏡センター

ダブルバルーン内視鏡(BAE)検査と治療

通常の上部・下部内視鏡検査では観察が困難な小腸を検索する内視鏡検査で、小腸の腫瘍や炎症、特に小腸からの出血性病変の診断に適応されます。従来のバリウムによる小腸造影検査では小腸の重なりで病変部位が見えにくく、腹部CT検査では腸閉塞や粗大な腫瘍性病変などは描出されますが、小潰瘍や血管拡張などの粘膜病変は検出されませんでした。
小腸は6~7mもあって長い臓器ですが、バルーン内視鏡では小腸を折りたたむようにして短縮して深部の小腸に進んでいき、直接に病変部位を確認することができます。観察部位によって、経口的に食道・胃を通過して挿入する場合と、経肛門的に大腸を通過して挿入する場合があります。
適応となる疾患は上部・下部内視鏡では病変が認められずに小腸からの出血が疑われる場合や小腸腫瘍、クローン病などが原因となる小腸狭窄病変などです。病変が認められれば内視鏡的な治療も可能です。出血源に対する止血術、小腸狭窄部位のバルーン拡張術、ポリープの切除術などが行われます。最近では小腸用のバルーン内視鏡が改良され、胃の手術後や胆管・膵臓の手術後で従来の十二指腸内視鏡では困難であった胆管・膵管の造影や胆石摘出、胆・膵管狭窄拡張、胆管ドレナージなどの治療を内視鏡的に行うことができるようになってきました。