がん診療支援センター

がん診療支援センター

日本ではおよそ二人に一人は「がん」になる時代と言われており、「がん」は身近な病気となっております。「がん」は怖い病気のイメージがありますが、近年、がん診療の進歩は目覚ましく、治療成績も確実に向上しています。
明石医療センターは兵庫県よりがん診療準拠点病院として指定されており、多くの専門診療科が治療にあたっておりますが、がん治療の進歩に伴って治療期間は長期化しており、多職種連携による支援が必要となっています。そこで、当院では専門スタッフが密に連携することで、より集学的かつ効率的にがん診療を行うことを目的として、新たに「がん診療支援センター」を設立しました。がん診療における「チーム医療」を推進し、また治癒を目指す治療から生活の質を重視したケアまで、患者さま(およびご家族さま)への切れ目のない相談・支援体制を構築し、最高の医療を安全に、そして安心して受けていただきたいと考えています。当院ではがん患者さま一人ひとりが納得し安心して治療を受けられることが、がん治療の要であるという信念のもと、患者さんに関わるすべての医療者が丁寧な説明と対話を重視した診療を心掛けています。
また、長期化するがん治療を乗り越えていくためには、体力と生活の質の維持が大変重要になります。がん患者さま・ご家族さまの悩みや不安、薬による苦痛をできる限り取り除けるよう、医師をはじめ看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、管理栄養士、事務、ソーシャルワーカーなどの多職種によるチームが、それぞれの専門的な視点で診療をサポートしています。明石医療センターの「がん診療支援センター」はチーム力を結集して、患者さまとともにがん診療に取り組んでいきます。

がん診療支援センター長
副院長 外科 豊川 晃弘


相談体制

当院ではがん患者さんとそのご家族の治療上の不安や悩みに対応するため「がん相談支援室」を設置しています。がん相談員(認定看護師)が医療ソーシャルワーカー等と連携して患者さんとそのご家族のサポートに当たらせていただきます。がんに関する情報提供をはじめ、様々な疑問や悩みをお聞きしながら一緒に考え、よい方法を見つけるお手伝いをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。


がん医療

当院では、特に患者さんの多い5大がん(胃がん、大腸癌、肝癌、乳がん、肺がん)に加え、胆膵がん、婦人科がんなどを中心に、集学的治療を提供しております。乳がんに関しては兵庫県立がんセンターとの連携で治療を行っております。また放射線治療に関しては連携先との協同で治療を行っております。


地域がん診療連携拠点病院

当院は東播磨地区において「がん診療連携拠点病院(準拠点病院も含む)」に指定されています。近隣の治療装置を備えた医療機関との連携を行い、日々がん医療水準の向上に励んでいます。


セカンドオピニオン

当院ではセカンドオピニオンを実施しておらず、体制準備中となっております。セカンドオピニオンご希望の患者様には国指定・県指定がん診療連携拠点病院へのご紹介を行っております。詳細は、兵庫県ホームページの下記URLをご覧下さい。
詳細は、兵庫県ホームページの下記URLをご覧下さい。
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/secondopinionn.html