病院について院長のご挨拶

院長のご挨拶

 明石医療センターは、大正12年に加古川第一陸軍病院として開設され、昭和26年に国立明石病院に名称変更され長年にわたり地域医療を担ってきました。平成13年3月に明石市医師会に移譲され社団法人明石市医師会立明石医療センターとして、医師会との密接な連携の下に地域医療に貢献して参りました。
平成23年4月に開設主体を医療法人社団明石医療センターに変更し、平成27年1月に兵庫県より社会医療法人の認定を受け、公立病院と同等の機能を果たしております。平成28年4月に社会医療法人愛仁会との法人合併を受け現在に至ります。
 平成25年8月に増床を伴った新病院の建設整備を終え、消化器内視鏡センター開設、ハイブリッド手術室を含めた手術室の増築が行われました。その後周産期医療の充実をめざし、NICU・GCUの増床整備を行い、常にハード面の充実整備を行っています。平成15年の附属看護専門学校開設以来、医療スタッフの教育、確保を行い、医療安全、感染対策体制の確立、断らない救急医療の充実、先進医療(経カテーテル的大動脈弁置換術導入、心臓血管・不整脈センター、心臓血管低侵襲治療センター開設等)の導入を行ってきました。急性期医療の対象疾患はより高齢化、複雑化、重症化しており、各分野で的確な低侵襲治療を追求して参ります。また入退院支援センターを充実し、地域の病診、病病連携を強化し、切れ目のない入退院を提供いたします。
 明石医療センターは、長い歴史に裏打ちされ地域に密着した医療を、職員一丸となり多職種によるチーム医療を推進し、地域の皆さまに信頼される良質で安心安全を心掛けた急性期医療を、24時間体制で提供いたします。皆さまのご支援とご協力を賜りますよう心よりお願いを申し上げます。

病院長 戸部 智
社会医療法人
愛仁会
明石医療センター

とべ さとし

病院長戸部 智