平成28年度 明石医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 909 151 380 731 777 947 1939 2813 2087 377
当院は地域医療支援病院であり、紹介や救急搬送を中心に幅広い年齢層の患者様に医療を提供しています。
年齢階級別にみると70歳代が25.3%と最も多く、60歳以上の患者様の割合が65%を占めています。
また、当院は周産期医療にも積極的に取り組んでおり、新生児を中心として10歳未満の入院数も多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合内科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 尿路感染症・急性腎盂腎炎 73 9.42 12.43 12.33 74.11
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 70 15.71 21.25 21.43 81.61
161070xxxxx00x 急性薬物中毒 26 2.92 3.64 19.23 38.73
080011xx99xxxx 蜂巣炎 26 10.77 11.97 15.38 71.42
100393xx99xxxx 低ナトリウム血症 23 9.57 10.17 17.39 74.65
内科では発熱・感染症の入院が多く、その中でも尿路感染や呼吸器感染が多いです。
また、急性薬物中毒の救急搬送にも対応しています。
循環器内科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症(心臓カテーテル治療あり) 380 4.36 4.71 0.53 70.75
050070xx01x0xx 心房細動など頻脈性不整脈(アブレーション治療あり) 335 8.73 5.51 0.00 65.33
050050xx99200x 狭心症(心臓カテーテル検査・血管内超音波検査あり) 237 2.98 3.22 0.00 69.92
050050xx99100x 狭心症(心臓カテーテル検査あり) 158 3.44 3.06 0.63 69.47
050210xx97000x 洞不全症候群など徐脈性不整脈(ペースメーカー移植あり) 150 11.51 11.38 1.33 77.71
循環器内科では狭心症、慢性虚血性疾患に対する心臓カテーテル治療及び治療が多いです。
不整脈治療にも積極的に取り組んでおり、アブレーション治療ではクライオバルーンを用いた冷凍アブレーションも行っています。
いずれの疾患にもクリニカルパスを用いて診断、治療の標準化に努めています。
小児科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 新生児黄疸 314 4.96 6.18 1.27 0.00
140010x299x0xx 低出生体重児(1500g以上2500g未満) 297 11.80 11.55 0.00 0.00
0400801199x00x 肺炎 73 4.30 5.79 1.37 3.48
040090xxxxxx0x 急性気管支炎 56 4.52 6.02 0.00 1.02
150010xxxxx0xx 胃腸炎 38 3.34 5.50 0.00 4.50
040100xxxxx00x 気管支喘息 38 3.53 6.42 0.00 2.39
小児科では新生児疾患が多いです。新生児集中治療室(NICU)の施設基準を取得し、産婦人科と連携を図りながら万全の治療体制を整えています。また、当院で生まれた赤ちゃんだけでなく、他院で生まれた赤ちゃんの救急搬送も受け入れています。
新生児疾患だけでなく入院が必要な小児疾患にも対応しています。
外科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆のう結石症(腹腔鏡下胆嚢摘出手術あり) 87 6.31 6.82 0.00 61.00
060150xx03xxxx 虫垂炎(虫垂炎手術あり) 69 5.42 5.60 0.00 41.06
060335xx02000x 胆のう炎(腹腔鏡下胆嚢摘出手術あり) 64 7.36 7.61 0.00 62.53
060035xx01000x 結腸がん(結腸切除手術あり) 55 16.82 15.92 0.00 71.89
060020xx02x0xx 胃がん(胃切除手術あり) 48 22.40 17.65 2.08 71.10
外科では胆のう結石症や胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を多く行っています。
腹腔鏡手術は開腹手術に比べ手術創が小さいので痛みが少ない、早期に退院できるなどのメリットがあります。
また、大腸がんや胃がんといった悪性腫瘍に対し手術や抗がん剤治療を行っています。
整形外科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折(骨接合術・人工骨頭挿入術あり) 127 19.30 27.63 70.87 80.88
160760xx97xx0x 前腕の骨折(骨接合術あり) 41 4.34 5.49 2.44 48.20
070350xx97xxxx 腰椎椎間板ヘルニア(椎間板摘出術あり) 34 13.06 17.07 0.00 46.76
070230xx01xxxx 膝関節症(人工関節置換術あり) 30 31.93 26.26 16.67 77.63
160740xx97xx0x 上腕の骨折(骨接合あり) 28 5.18 5.33 3.57 38.29
整形外科では大腿骨骨折に対する人工骨頭挿入や観血的手術が多いです。70%の方はリハビリのため転院されています。
骨折など外傷に対する手術だけでなく、脊椎手術や人工関節手術など運動器全般の治療を行っています。
呼吸器外科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺がん(胸腔鏡下肺切除術あり) 68 13.01 12.73 0.00 70.44
040200xx01x00x 気胸(胸腔鏡下肺切除術あり) 18 14.17 10.09 0.00 33.83
040040xx97x4xx 肺がん(胸腔鏡下肺切除術・胸膜癒着術あり) 12 21.42 25.62 16.67 74.92
呼吸器外科では主として肺がんに対する手術を行っています。治療方針に関しては呼吸器内科と連携し、総合的に決定しています。
手術の多くは胸腔鏡下で行い、早期退院を目指した治療を心がけています。
心臓血管外科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 大動脈瘤(ステントグラフト手術あり) 45 11.67 12.74 2.22 77.78
050080xx0110xx 弁膜症(弁置換術・心臓カテーテル検査あり) 27 16.48 28.05 0.00 65.07
050161xx9900xx 急性大動脈解離StanfordB 25 14.96 18.27 16.00 73.60
050080xx0111xx 弁膜症(弁置換術・心臓カテーテル検査・人工呼吸などの処置あり) 24 29.00 38.92 12.50 74.08
050161xx97x10x 急性大動脈解離StanfordA(大動脈瘤切除術あり) 22 27.91 28.23 36.36 69.09
心臓血管外科では弁膜症に対する弁形成術や弁置換術が多いです。
当院にはハイブリッド手術室があり、胸部、腹部いずれの大動脈瘤に対してもステントグラフト治療を行っています。
また、大動脈解離など緊急で手術が必要な症例にも24時間体制で対応しています。
産婦人科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 既往帝切後妊娠(帝王切開術あり) 150 8.21 9.88 0.00 33.07
120060xx02xxxx 子宮筋腫(腹腔鏡下腟式子宮全摘術あり) 113 6.40 6.29 0.00 43.53
120070xx02xxxx 卵巣のう腫(腹腔鏡下子宮附属器腫瘍摘出術あり) 91 5.45 6.42 1.10 39.90
120260xx02xxxx 分娩停止(吸引娩出術あり) 77 6.65 6.63 0.00 32.45
120260xx01xxxx 胎児ジストレス(帝王切開術あり) 52 8.40 9.77 0.00 33.42
産婦人科では帝王切開(緊急/選択)や吸引分娩といった産科治療と卵巣腫瘍や子宮筋腫の切除といった婦人科治療を行っています。
婦人科の手術では腹腔鏡での手術が多く行われています。
呼吸器内科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺がん(化学療法あり) 133 13.68 12.35 1.50 69.35
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 106 20.56 19.92 12.26 75.20
040040xx99000x 肺がん 60 14.37 14.83 28.33 74.65
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 49 14.20 21.25 26.53 80.35
050130xx99000x 心不全 47 14.30 17.95 12.77 81.72
呼吸器内科では呼吸器外科と連携し、肺がんの診断から治療までを行っています。
また、間質性肺炎や誤嚥性肺炎といった炎症性疾患にも対応しています。
腎臓内科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎臓病 49 15.31 12.84 6.12 72.98
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 26 36.38 22.67 15.38 65.73
110280xx99010x 末期腎不全(緊急透析あり) 16 20.75 14.77 0.00 64.69
110280xx991x0x 慢性糸球体腎炎(腎生検あり) 10 14.80 7.58 0.00 47.00
腎臓内科では慢性腎臓病の入院が多く、教育入院(7日間コース)、合併症治療、浮腫、血圧管理のための薬剤調整等が含まれます。
教育入院では腎機能の評価や合併症の検査を行うとともに腎臓病に対する正しい知識を身につけ日常生活を見直すことができるよう指導・支援を行っています。
慢性糸球体腎炎は、腎生検(7日間)のほか、IgA腎症に対するステロイド治療を行っています。
ネフローゼ症候群では全身状態によって腎生検を先行して診断確定後に治療を開始する場合と、ステロイド治療を先行して全身状態が改善してから腎生検を行って診断を確認する場合があります。
高度の全身性浮腫を伴ったり急性腎障害から透析が必要になったりする重症例もあり、自宅退院困難な場合は転院リハビリテーションが必要になることもあります。
末期腎不全でシャント造設を待機的に行ったうえで維持透析を導入すると約2~3週間で退院可能となります。緊急での透析導入となると、シャント造設、シャント発達に時間を要するためより長期の入院となる傾向があります。
消化器内科
DPCコード 主な傷病名 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 総胆管結石(内視鏡的治療あり) 189 9.52 11.06 5.82 74.43
060210xx99000x イレウス 68 7.12 9.08 2.94 70.10
150010xxxxx0xx 胃腸炎 63 5.62 5.50 1.59 50.86
060102xx99xxxx 大腸憩室出血 61 7.05 7.89 1.64 67.80
060300xx97100x 食道静脈瘤(内視鏡的治療あり) 59 10.37 14.28 3.39 64.92
消化器内科では急性期の病態に対応するため、総胆管結石による急性胆管炎の内視鏡的治療が最も多くなっています。
腸閉塞(イレウス)や急性胃腸炎に次いで、大腸憩室出血、食道静脈瘤出血に対する緊急内視鏡検査・治療が続いています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 104 12 36 61 - 29 1 7
大腸癌 48 46 53 50 - 69 1 7
乳癌 27 32 10 - - - 1 7
肺癌 73 13 49 225 - 64 1 7
肝癌 11 - - 14 - 39 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味しています。
胃がん、大腸がん、肺がんでは初期がんから進行がんまで幅広い病期を診療しています。
早期の胃がんや大腸がんに対しては侵襲の少ない内視鏡的治療や腹腔鏡下手術を行っています。
乳がんは検診の普及により早期発見されることが増えてきており、StageⅠ・Ⅱが大半を占めています。
早期の肺がんには胸腔鏡下手術を行っています。
薬物療法を行う場合は患者様に応じて抗がん剤や分子標的治療薬を使用しています。
肝がんは再発することが多い病気であり、当院でも再発して治療される患者様の割合が高くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 63 8.21 59.54
中等症 21 18.48 81.76
重症 141 11.59 77.03
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎は高齢になるほど重症になることが多いです。また、高齢者の肺炎は合併症の治療を必要としたり
退院後の適切な療養環境の調整が必要であったりするので入院期間が長くなりやすいです。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 - 20 12.95 75.75 45.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 10 2.00 70.90 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 15 2.00 60.27 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 12 2.00 40.08 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞はできるだけ早く診断し治療を開始することが重要です。当院では血栓溶解療法や抗凝固療法などの薬物療法を行っており、
手術や処置が必要な場合は専門医療機関へ紹介させていただいています。

I65$、I66$、I675は脳の血流を評価するシンチグラフィ検査のための入院です。
脳循環予備能(脳血管がどの程度血流を増やすことができるか)の評価は、脳血管障害の予後の評価、
バイパス術の適応決定や治療効果の判定などに有用で、脳神経外科からの依頼を受け検査を実施しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 172 1.57 6.00 1.2 63.21
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 103 1.08 3.40 0.0 67.80
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 59 0.19 4.12 0.0 43.14
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 50 4.56 21.06 4.0 72.82
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 44 1.00 3.16 0.0 59.36
外科の手術件数は胆のう結石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多くなっています。
腹腔鏡で手術を行うことで患者様の体への負担を軽減、術後の回復も早くなります。
次いで鼡径ヘルニアの根治術、虫垂炎手術の順番となっています。
がんに対しても手術も行っており、大腸がんや乳がんの手術件数が多くなっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 63 1.19 12.44 3.2 70.21
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 22 6.45 7.09 0.0 39.05
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 12 1.08 11.08 0.0 69.83
呼吸器外科では肺がんに対する手術症例が多く、1番目・3番目は肺がんを切除する手術です。2番目は気胸に対する手術です。
呼吸器内科で胸の空気を抜いても症状が治まらない時に手術となる場合が多く、術前日数が長くなっています。
いずれの手術も胸腔鏡下で行いますので、開胸手術に比べ傷が小さく、術後の痛みも少ないです。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 186 5.22 6.04 0.0 33.32
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 107 0.93 3.57 0.9 39.94
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 97 0.97 4.70 0.0 46.38
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 69 3.23 6.29 0.0 33.29
K893 吸引娩出術 59 0.83 5.08 0.0 32.39
産婦人科では分娩目的で入院される患者様が多く、帝王切開術や吸引分娩といった手術が多くなっています。
婦人科の疾患では卵巣腫瘍や子宮筋腫に対する腹腔鏡での手術が多いです。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 309 2.13 3.16 1.6 70.31
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 221 3.21 5.06 0.0 64.87
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 127 3.24 5.17 0.0 66.76
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 117 1.46 4.07 3.4 74.13
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 98 3.47 9.68 3.1 78.10
循環器内科で最も多い手術症例は狭心症に対する経皮的冠動脈ステント留置術(心臓カテーテル治療)です。
心臓カテーテル治療は腕や足の血管から心臓まで細い管を通し、冠動脈の狭窄や閉塞した部分をバルーン(風船のようなもの)やステントで拡張し治療する方法です。
また、頻脈性不整脈(心房細動等)に対する心筋焼灼術(アブレーション治療)も多く行われています。
アブレーション治療はカテーテルを心臓内に挿入し高周波通電で病変を焼灼し不整脈を治療する手術です。緊急での検査、手術にも対応しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 144 1.27 8.10 4.9 72.08
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 116 1.22 14.42 12.1 78.81
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 76 1.91 2.53 1.3 71.37
K654 内視鏡的消化管止血術 72 1.57 8.68 13.9 72.69
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 59 1.24 5.76 5.1 75.37
消化器内科では内視鏡的治療を主で、総胆管結石や胆膵の悪性腫瘍に伴う閉塞性黄疸治療のための乳頭括約筋切除術や胆道ステント留置術が多い傾向にあります。次いで、胃や大腸のポリープや早期癌の内視鏡的治療ならびに潰瘍や憩室からの出血に対する緊急止血術が行われています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術 1弁のもの 35 3.60 22.83 8.6 71.60
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 35 1.46 8.26 0.0 77.43
K5541 弁形成術 1弁のもの 27 4.93 10.26 0.0 60.74
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 24 3.08 23.79 8.3 71.50
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈 その他のもの 21 0.29 28.76 47.6 71.38
心臓血管外科では弁膜症に対する手術(弁置換術・弁形成術)が多くなっています。
また、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術(血管内治療)も多く行っています。
ステントグラフト内挿術は開腹による人工血管置換術と比べ切開する部分が小さいため、患者様の体の負担は少ないです。
そのためリハビリや食事を早く開始することができ、入院期間が短くなります。
当院では腹部以外にも胸部大動脈瘤や腸骨動脈瘤にもステントグラフト治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 大腿 91 0.87 16.80 63.7 79.68
K0811 人工骨頭挿入術 股 39 2.31 17.03 87.2 83.46
K0821 人工関節置換術 膝 32 1.06 31.56 18.8 77.13
K0732 関節内骨折観血的手術 手 28 1.68 4.82 7.1 66.50
K1342 椎間板摘出術 後方摘出術 22 4.36 12.18 0.0 50.41
1番多い骨折観血的手術(大腿)は骨折した部分を金属の板やネジで固定する手術です。2番目に多い人工骨頭置換術は折れている骨を取り除いて、人工物でできた骨頭に置換える手術です。どちらも高齢者の大腿骨骨折に対して行われる手術です。
術後は早期にリハビリを開始し、寝たきりにならないよう努めています。リハビリを継続するために転院されることが多く、転院率が高くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 24 0.22
異なる 22 0.20
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 66 0.59
異なる 15 0.14
敗血症は感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす病気です。
悪化すると内臓の機能不全や血圧の低下を招き、死に至る可能性もあります。
入院の契機病名と同一の症例は、入院時から敗血症状態の重篤な症例です。
入院の契機病名と異なる症例は入院後も全身状態が悪化して敗血症になってしまった症例です。

手術・処置等の合併症は手術創部の膿瘍や後出血(手術の際に一度出血した部分が時間をおいて再び出血すること)、
透析用シャントや胆管ステントの閉塞といった症例が多いです。
更新履歴
2017/9/27
平成28年度DPCデータによる病院指標 公開