平成27年度 明石医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 788 164 280 476 738 909 1956 2659 1736 299
当院は地域医療支援病院であり、紹介患者や救急搬送患者を中心に幅広い年齢層の患者様に医療を提供しています。
年齢層は60歳以上の患者様の占める割合が全体の約7割となっています。
年齢別に見てみますと、
10歳以下では新生児疾患や肺炎などの呼吸器系疾患が多く、
10代、20代は腸炎や虫垂炎
30代、40代では子宮筋腫など婦人科系疾患
50代からは狭心症や不整脈など循環器系疾患
60代は循環器系疾患に加え、肺がんや胃がんなどの悪性腫瘍が増加
70代では循環器系疾患の中でも心不全が増加
80代以上では上記疾患に加え大腿骨骨折や肺炎が増加
という傾向があります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 57 17.7 15.4 1.8 63.9
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 43 9.8 12.6 7.0 75.5
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 42 9.3 14.3 14.3 73.6
内科では糖尿病の患者様が多くなっています。
特に血糖コントロールのための教育入院が多く、医師以外にも看護師、栄養士など他職種が協力し、
糖尿病についての正しい知識が習得できるようサポートしています。
2番目に多いのは腎盂腎炎や尿路感染症、3番目は肺炎となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 287 4.4 4.9 1.0 69.3
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 211 8.7 5.7 0.5 61.3
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 179 3.3 3.1 0.0 70.5
循環器内科で最も多い症例は狭心症や陳旧性心筋梗塞に対する心臓カテーテル治療のための入院です。
2番目は心房細動などの頻脈性不整脈に対するアブレーション療法です。事前に食道エコーの検査などを行い安全に治療が行えるように努めています。
3番目は狭心症などに対する心臓カテーテルの検査のための入院です。心臓の筋肉に血液を供給している冠動脈という動脈を映しだす検査です。
カテーテル治療の前や治療後に行われます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 262 5.4 6.2 0.4 0.0
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 139 4.1 5.7 2.2 2.8
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 78 9.9 11.6 1.3 0.0
小児科では1番目、3番目が新生児黄疸や出生時の体重が2500g以下の低出生体重児といった新生児疾患となっています。
当院で生まれた赤ちゃんだけでなく、他院で生まれた赤ちゃんの救急搬送も受け入れています。
2番目は肺炎や急性気管支炎などの呼吸器感染症が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 87 6.4 7.0 0.0 61.7
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病なし 71 5.5 5.6 0.0 39.5
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 61 15.3 17.4 0.0 70.5
外科で最も多い症例は胆のう結石に対する腹腔鏡下手術です。開腹手術に比べ手術創が小さいため痛みが少ない、早期に退院できるなどの
メリットがあり、積極的に腹腔鏡下手術を行っています。
2番目は虫垂炎です。炎症が軽いものであれば抗生物質による薬物療法が可能ですが、炎症がひどくなれば手術が必要となります。
3番目は結腸の悪性腫瘍です。開腹手術だけでなく腹腔鏡下での手術も行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 153 20.4 28.7 71.9 81.3
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 37 10.8 17.6 0.0 46.7
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 35 19.1 21.5 71.4 76.7
整形外科では高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発症する大腿骨骨折が最も多い症例となっています。
主な手術として骨を固定する骨接合術や人工骨頭置換術が行われます。70%の患者様が継続リハビリのため後方支援病院に転院されています。
2番目は椎間板ヘルニアで、椎間板摘出手術や椎弓切除手術などが行われます。
3番目は胸腰椎圧迫骨折で、保存的加療が行われます。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 56 13.5 13.0 0.0 68.8
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 11.2 9.7 0.0 38.5
呼吸器外科では肺の悪性腫瘍が多く、ほとんどの症例で胸腔鏡下手術での腫瘍切除を行っています。
2番目は気胸の症例でこちらもほとんど胸腔鏡下で手術を行っています。
呼吸器内科と連携し、適切な治療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0110xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等11あり 手術・処置等21あり 33 15.1 28.7 9.1 65.2
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 27 11.9 13.2 11.1 76.0
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 23 12.9 18.7 13.0 66.7
心臓の弁に障害が起き、血液の流れが妨げられたり、逆流してしまう弁膜症に対する手術症例が多くなっています。
2番目に多いのがカテーテルを挿入し、人工血管を患部に装着するステントグラフト内挿術による腹部大動脈瘤の治療です。
当院にはハイブリッド手術室(手術室に放射線透視装置を造設したもの)があり、低侵襲で高度なカテーテル治療が行えます。
3番目は解離性大動脈瘤(スタンフォードB型)に対しての治療です。緊急で手術の必要はありませんが、絶対安静での集中治療管理が行われます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 94 6.8 6.3 0.0 43.5
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 79 5.7 6.5 0.0 40.6
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 36 10.1 10.2 0.0 47.0
産婦人科では1番目と3番目が子宮筋腫の症例です。子宮筋腫は婦人科疾患の中でも頻度の高い症例です。手術によってDPCコードが異なっています。
1番目が腹腔鏡下での子宮全摘手術、3番目が開腹での子宮全摘手術になります。
2番目に多いのは卵巣のう腫などの良性腫瘍で、こちらも腹腔鏡下での手術が多く行われています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 175 10.5 14.3 4.6 72.1
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 128 13.5 13.4 1.6 70.7
040040xx9907xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 81 10.1 12.9 0.0 71.3
呼吸器内科では肺炎の症例が最も多くなっています。
2番目、3番目に多いのは肺がんに対する抗がん剤治療です。使用する薬剤によってDPCコードが異なっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 39 9.7 13.6 0.0 59.1
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 21 12.0 15.4 0.0 69.9
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 19 21.8 23.9 0.0 64.2
腎臓内科では1番目、2番目が慢性腎不全の症例です。慢性腎不全に関する入院が科全体の5割を占めています。
3番目はネフローゼ症候群の症例です。
ネフローゼ症候群とは尿の中にタンパクがたくさん出てしまうために血液中のタンパクが減り、むくみが出てくる疾患です。
入院し検査や薬の調整を行いますので入院期間が長くなる傾向にあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 163 8.5 10.9 3.1 74.0
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 84 7.5 9.2 0.0 72.9
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 71 7.2 7.9 0.0 64.1
消化器内科では胆道疾患が最も多くなっています。胆管結石や胆管炎(結石が胆管に詰まって炎症を起こしたもの)に対して内視鏡での治療を行います。
治療を繰り返し行う場合もあり、患者数が多くなっています。
2番目は早期胃がんに対する手術症例で、内視鏡下粘膜下層剥離術を行っています。
3番目は憩室炎の症例です。緊急入院となる場合が多い症例です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 124 18 43 42 13 25
大腸癌 44 43 65 47 18 71
乳癌 23 32 14 - - -
肺癌 44 21 42 222 - 93
肝癌 - 12 12 15 - 51
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃がんはⅠ期の割合が非常に高く、検診などにより早期発見・早期治療が行われていることが分かります。
大腸がん 再発、肺がん Ⅳ期・再発は化学療法のため繰り返し入院する場合があり、患者数が多くなっています。
肝癌は治療後の再発が多い疾患であり、再発治療での入院割合が高くなっています。肝動脈への塞栓術も行っています。
乳癌については手術や化学療法、薬物療法などのを組み合わせて治療を行っています。
患者様の状態に応じて治療内容を決定しており、放射線療法が必要な場合は専門医療機関へ紹介させていただいています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 52 9.0 58.3
重症度 1 85 11.0 77.6
重症度 2 48 13.1 78.5
重症度 3 21 17.7 83.2
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
患者数が最も多いのは中等度(重症度1・2)です。
平均年齢を見てみますと高齢になるほど重症になりやすいことがわかります。
そのため、重症になるほど平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 12 19.9 79.6 41.7
その他 12 21.4 76.3 50.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 17 2.6 70.2 0.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
心筋梗塞や心臓弁膜症、心房細動などのために心臓のなかに血栓ができて、それが脳に流れてきて詰まると心原性脳梗塞となります。
心疾患の原因となる高血圧が原因で脳の深部の細い血管が詰まりできる小さな脳梗塞をラクナ梗塞といいます。
当院は心疾患の患者様が多くいらっしゃいますが、上記のように心疾患と脳梗塞は関連のある病気です。
血栓溶解療法や抗凝固療法など薬物療法、血管評価検査などを中心に診療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 248 1.9 3.4 1.2 69.2
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 151 3.8 6.0 0.7 63.0
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 107 4.9 6.6 1.9 61.8
虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)に対する心臓カテーテル治療の症例数が多く、循環器手術症例の4分の1を占めています。
心臓カテーテル治療とは、腕や足の血管から心臓まで管を通してステントと呼ばれる金属製の筒で動脈の詰まりを治療する方法です。
また、頻脈性不整脈に対するアブレーション治療も多く行われており、心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うものとその他のものを合わせると
循環手術症例の4分の1になります。
アブレーションは足の血管からカテーテルを入れ、心臓内部の不整脈の原因となっている部分を小さく高周波電流で焼き切る治療です。
最近では原因となる部分を焼き切るのではなく、冷やして壊死させるクライオアブレーションという方法も取り入れております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 170 2.1 5.5 1.8 64.2
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 105 1.1 4.1 0.0 69.8
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 67 0.3 4.3 0.0 40.6
外科の手術件数は腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、積極的に腹腔鏡下での手術を行っています。
2番目に多いのは鼠径部の筋膜の間から腹膜や腸の一部が出てくる鼠径ヘルニアの根治術です。
間のあいている部分を人工の膜で塞ぐ手術です。
3番目は虫垂切除術です。虫垂炎を治療するための最も簡単で迅速な方法です。
緊急手術が多く、術後4~5日で退院が可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 (大腿) 115 1.4 18.7 63.2 79.5
K0811 人工骨頭挿入術 (股) 50 2.1 17.4 78.0 81.6
K0821 人工関節置換術 (膝) 30 1.3 31.5 6.7 76.8
2)診断群分類別患者数と比例して大腿骨骨折の手術が最多症例となっています。
K0461骨折観血的手術は骨折した部分を金属の板やネジで固定する手術です。
K0811人工骨頭挿入術は折れている骨(骨頭)を取り除いて、人工物でできた骨頭に置きかえる手術です。
患者様の年齢や全身の状態を考え、最善の手術方法を選択しています。
3番目は膝関節を人工の関節と取りかえる手術です。
膝関節の軟骨がすり減り、骨と骨がすれると強い痛みが生じます。この手術により痛みを和らげることができます。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 41 1.1 14.1 2.4 69.8
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 21 5.0 5.7 0.0 43.0
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 17 1.1 8.9 0.0 66.8
2)診断群分類別患者数にもあるように呼吸器外科では肺がんに対する手術症例が多くなっています。
1番目・3番目のK514-23、K514-21はどちらも胸腔鏡下で肺がんを取り除く手術です。
肺がんを取り除く従来の手術方法は背中側を大きく切り、肋骨を切断してから肺を切除するというものでした。
それに比べ胸腔鏡での手術は侵襲が少なく、回復も早いです。
2番目は気胸(肺がパンクする病気)への手術症例です。胸腔鏡を使用し穴のあいた部分を取り除きます。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術 1弁のもの 43 6.7 19.0 23.3 74.7
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 26 1.2 10.1 15.4 76.0
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 24 1.0 1.5 0.0 67.3
心臓血管外科で最も多いのは弁膜症(弁狭窄症や弁閉鎖不全症)に対する弁置換術です。
悪くなった心臓の弁を取り除き、生体弁(ウシの心膜やブタの弁を加工したもの)もしくは機械弁に取りかえる手術です。
患者様の症状や年齢、術後の生活を考え適切な弁を選び手術を行います。
2番目は腹部大動脈瘤へのステントグラフト内挿術です。ステントグラフトと呼ばれる人工血管を大動脈瘤の部分へ留置する手術です。
切開部分が小さく、侵襲性の低い手術です。
3番目は血液透析のための内シャントを造る手術です。血液透析のためには1分間に200ml程の血液を血管から採りださなければいけません。
腕の表面にある静脈からではたくさんの量が採りだせませんし、腕の奥にある動脈は穿刺が難しく、激しい痛みを伴います。
そこで、腕の動脈をその近くにある静脈につなぎ合わせることで穿刺のしやすい静脈に血液をたくさん流すことができる血管を造ります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 89 1.0 5.1 0.0 46.2
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 87 1.0 3.8 0.0 40.2
K867 子宮頸部(腟部)切除術 45 0.2 1.0 0.0 38.1
2)診断群分類別患者数にもありますが、当院では子宮筋腫に低侵襲な腹腔鏡下での手術を積極的に行っています。
次に多いのが卵巣のう腫などの良性腫瘍に対する腹腔鏡下での手術です。ほとんどが5日以内の入院となっています。
3番目は子宮頚部異形成に対する切除術です。ほとんどの場合静脈麻酔で行われ、手術当日の退院が可能です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 126 1.4 1.8 0.8 70.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 118 0.9 11.3 8.5 78.1
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 112 1.0 7.4 4.5 71.4
消化器内科で結腸ポリープに対する内視鏡的手術です。ポリープ切除は外来でも行っていますが、病態により入院でも対応しています。
2番目、3番目は胆道疾患に対する内視鏡的手術です。緊急で治療が必要となる場合も多く、時間外や休日でも手術を行っています。
また、内視鏡治療後に外科的な治療が必要なこともあり、患者様の病態により外科医師と連携し治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 18 0.18
異なる 21 0.21
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 66 0.66
異なる 13 0.13
厚生労働省による平成26年度の全国DPC対象病院のデータ集計では「DPC180010 敗血症」での保険請求率は0.56%となっていますが、
当院では0.39%と全国平均よりも低い数値となっています。
「DPC180040 手術・処置等の合併症」では透析用シャントの狭窄や術後膿瘍の症例が多くなっています。
更新履歴
2016/9/28
平成27年度DPCデータによる病院指標 公開