■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

技術部|薬剤科:医療記事

がんの痛みについて

【がんの痛みの強さの評価】

がんの痛みの強さを評価する方法を表しています。


イラスト

@のVASは、もっとも有名な方法であるが、よく使われるのは、0〜10などの数字で強さを答えてもらうAの数値による尺度である。また、顔の表情で痛みの強さを表すCフェイスペインスケールも用いられることが多い。



【がんの痛みのケア】

効き目の強さに応じて鎮痛薬を3段階に分け、患者が感じる痛みの程度(弱・中・強)によって薬を追加したり、組み合わせを変えたりしています。基本は、1986年世界保健機関(WHO)が発表した方法で行います。

イラストイラストイラストイラストイラスト
イラストイラストイラスト
● セトアミノフェン
● イブプロフェン
● インドメタシンなど
● コデイン● モルヒネ
● オキシコドン
● フェンタニル


■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト