■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

地域医療連絡室:トピックス

『地域医療支援病院』〜かかりつけ医と連携しより良い医療を提供します〜

室長 長野 英樹


地域医療連絡室室長

当院は平成21年3月18日「地域医療支援病院」に承認されました。県内では、県立淡路病院、神戸赤十字病院に次いで3施設目です。この制度は平成9年に地域における医療の確保のために必要な支援を行うことを目的として創設され、平成10年からスタートしました。国の「医療は患者さまの身近な地域で提供されることが望ましい」との観点から、地域における第一線の医療機関である「かかりつけ医」を支援し、精密な検査および入院・手術などの急性期医療が必要な患者さまに対して医療を提供する医療機関を「地域医療支援病院」として都道府県知事から名称使用を承認された医療施設のことを言います。



地域医療支援病院の役割としては次のようなものがあります。


  • 紹介患者さまに対する医療の提供

当院はかかりつけ医から紹介状を持った患者さまを優先的に受け入れ、比較的落ち着ついた患者さまについては、かかりつけ医に逆紹介をし、地域完結型の医療を目指します。



  • 医療機器の共同利用の実施

地域の医療機関の皆さまに、当院の施設・設備を共同でご利用いただいています。



  • 救急医療の提供

地域に必要な救急医療を提供します。



  • 地域の医療従事者に対する研修の実施

地域医療従事者および当院職員の資質向上のために、症例検討会、講演会等を開催していきます。



今後とも、地域の先生方と連携し地域の皆さまにより良い医療を提供できるよう努力してまいります。







■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト