■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

心臓血管低侵襲治療センター

心臓血管低侵襲治療センター長・岡本 一真が心臓血管外科手術に
関する教科書の共著者となりました。


岡本一真*:ハートチームのための心臓血管外科手術周術期管理のすべて 、國原孝、306-315、MEDICAL VIEW、東京、2017
http://www.medicalview.co.jp/catalog/ISBN4-7583-1435-7.html

手術の様子

心臓血管外科手術は手術も高度な技術を要求されますが、手術後の管理も患者さまが元気に退院するためにとても大事なことです。
この度、東京・六本木にある心臓血管研究所病院心臓血管外科の國原孝先生が心臓血管外科周術期管理に関する教科書を14年ぶりに改訂することになり、岡本もその改訂に参加しました。担当したのは「MICSによる弁膜症手術」の章で、まさに心臓血管低侵襲センターの得意とする小切開低侵襲心臓手術に関する周術期管理の注意点やコツなどについて解説しました。
前任地の慶應義塾大学病院における500例以上の小切開低侵襲手術の経験から、合併症を如何に回避するのかという点について詳細に述べており、今後、小切開低侵襲手術が安全に普及するために重要な意味を持つと考えております。私が担当した章以外も現在の日本の心臓血管外科治療を担う中心メンバーが執筆に参加しており、最新の治験を盛り込んだ、いわばバイブルとも言える書籍であります。今後も積極的に執筆活動を行い、日本の心臓病患者さまの笑顔に貢献したいと思います。






■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
明石医療センター心臓血管低侵襲治療センター
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト