■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|消化器内科

消化器内科ってどんなところ?

消化器には、食道、胃、腸などの消化管と肝ぞう、胆のう、膵ぞうなどがあり、消化器(内)科の役割は、消化器に病気があった場合、正しく診断し、適切な治療を行うことです。医療機関を受診される方のなかで、腹痛、食欲不振などの消化器の症状を訴えられる方は非常に多く、消化器分野は、最も患者さまの多い領域のひとつです。そのため、明石医療センターとして開院と同時に、消化器内科が新設されました。

消化器分野の病気には、胃炎、胃かいよう、胃がん、腸炎、肝炎、肝臓がん、胆石、膵炎などがあり、最近特に増加している病気に逆流性食道炎、機能性胃腸症、大腸がんなどがあります。それらの病気を正しく診断するために、血液検査だけでなく、上・下部内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)検査、胃・腸透視(バリウム検査)、超音波検査、CT検査などを行います。それらの検査技術のおかげで、病気が早期発見されるようになり、不治の病とされたがんが治るようになりつつあります。

高いレベルで検査し、“早く見つけて早く治療を”をモットーにして頑張っています。今後もご期待に沿えるように頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。


■医療記事

医療記事



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


s■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト