■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|消化器内科:医療記事

知ってください、内視鏡のこと

部長 中島卓利


日本人には胃の病気が多く、それを克服するため、先人たちが努力を重ね、我が国で内視鏡が発展してきました。その結果、かつては不治の病とされたがんも早期発見すれば治るようになってきており、ごく早期に発見されれば、胃がん、大腸がん、さらには食道がんでも内視鏡を使って治すことも可能です。実際、胃がんになる人は減っていないにもかかわらず、胃がんで死亡する人は減少してきています。しかし一方、大腸がんは急激に増加しており、大腸の内視鏡検査数が多くの病院で激増しています。

イラスト


内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)は、苦しい、痛い、汚いなど悪い印象を持っておられる方も少なくないと思います。しかし、内視鏡自体、より細くなり、鼻から入れる内視鏡も登場し、また麻酔も工夫することにより随分楽に検査を受けていただけるようになりました。また、より鮮明に観察可能な内視鏡も開発され、病気の早期診断に役立っています。

人間ドックなどなら、細い内視鏡(例えば鼻からの内視鏡など)が、また、詳しく調べるには、太くてもより鮮明に観察できる内視鏡(例えばハイビジョン内視鏡や特殊光を使った内視鏡など)が適しています。さらに、潰瘍などからの出血を止めたり、がんなどを切除する技術も発展してきています。

当センターでは、現在、年間数十人の胃や食道からの出血を治療したり、100人以上のがんを診断し、うち数十人の内視鏡治療を行っています。新病院では、内視鏡室も拡張され、新機器も導入される予定です。

皆さまのご期待に添えるよう、今後も努力してまいります。



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト