■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|消化器内科:医療記事

機能性胃腸症 〜胃の痛み、もたれはありませんか?〜

部長 中島卓利


最近話題になっている病気に機能性胃腸症があります。機能性胃腸症といっても聞き慣れない名前かもしれませんが、胃が痛い、胃がもたれる、胃が重いなど、胃のあたりの症状がありながら内視鏡などの検査をしても大きな異常がないため、以前なら慢性胃炎や神経性胃炎と診断されていた病気で、実際にはおなかの症状を訴えて来院する患者さまで最も多い病気のひとつです。

イラスト


その人により、痛みが強い場合、もたれ感が強い場合など症状が異なり、胃酸の分泌や胃の動きの異常、内臓の知覚過敏などいろいろ複雑な要因が組みあわさっています。

内視鏡検査をして大きな異常がないと診断されればそれだけで症状がよくなる人もおられますし、いろいろくすりを内服しても改善しない人もおられます。

それぞれの人により治療法を変える必要があり、オーダーメイドの治療が必要な病気です。

胃がんなどと異なり、決して命がなくなるような病気ではありませんが、生活の質(QOL)は低下することが多いようです。

このような症状がある場合、当院消化器内科にご相談ください。



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト