■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|消化器内科:医療記事

逆流性食道炎

部長 中島卓利


消化器の分野で最近増えている病気の一つに、逆流性食道炎(胃食道逆流症)があります。通常、下部食道括約部の働きで、胃液や胃酸などの胃の内容物は食道に逆流しないようになっていますが、加齢や食生活などの要因で下部食道括約部がゆるみ、胃酸が食道へ逆流することによりおこる病気で、むねやけ(人によって、胸がじりじりする、いがいがする、焼けるよう、熱い、重いなど感じ方が異なります)を感じたりや酸っぱいものがあがってきたりします。なかには、ノドがいがいが、ひりひり感じたり、しつこいセキが続く人もいます。

症状と内視鏡検査で診断しますが、内視鏡検査で食道に炎症などの異常がなくても自覚症状の強い人もいます。自覚症状のない人を含めると、日本人では数パーセントから約20%の人が逆流性食道炎とみられており、腰のまがったお年寄りの人、偏食でストレスの多い人、太りすぎの人などに多いといわれています。

胃酸の逆流を防ぐには

[食事]

    • 食べ過ぎや飲み過ぎをしないようにし、食後にすぐに横にならないようにしましょう

    • むねやけを起こしやすい食べ物や飲み物

    油っこいもの(フライ、てんぷらなど)
    甘いもの(ケーキ、あんこ菓子、チョコレートなど)
    刺激の強いもの(香辛料など)
    その他(アルコール類、さつまいも、タバコなど)

[日常生活]

    • おなかを圧迫しないよう姿勢に気をつけ圧迫するような要因を作らないようにしましょう

    前かがみにならない
    おなかをしめつけない
    肥満、便秘に注意
    眠るときは上半身を少し高くする

お薬による治療

胃酸をおさえる薬や、胃の動きをよくする薬で治療します。

症状が重くても病院を訪れない患者様もかなりの数に上ると考えられています。これらの症状を感じたら、医師に相談ください。


■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト