■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|消化器内科:医療記事

夏バテ防止 〜暑い夏を乗りきりましょう〜

部長 中島 卓利


夏になると“夏バテ”する人は少なくありません。“夏バテ”とは夏の暑さや高湿度のため、食欲がなくなり体のバランスを崩すことです。だるく、何もする気が起こらない、さらには思考力の低下、頭痛、めまい、便秘、下痢などの症状まで感じることもありますが、尿検査や血液検査をしても異常なく、いわゆる病気には当てはまらないものをさすことが多いです。

イラスト


〔原因〕
汗を多くかくことで、水分とミネラルが吸収される以上に失われ、暑さ、高湿度や水分の取りすぎのために、消化機能が低下して食欲がなくなり、十分な栄養を取ることができないことが原因となります。

〔対策〕
栄養のバランスを考え規則正しく食事をとることが大切です。そば、そうめん、冷やし中華などだけでは栄養不足で、食欲がないときでも、一日三食少しずつでもいろいろな食品をとりましょう。量より質が重要で、特にビタミン、ミネラルや消化のよい良質のたんぱく質を取る必要があります。香辛料を上手に使い、食欲を刺激するのもよい方法です。
水分は充分とる必要はありますが、こまめに体温に近い温度のものを補給するのが適しています。清涼飲料水など冷たいもののとりすぎは、胃腸の働きを抑え、食欲を減退させてしまいます。そのほか、冷房を効かせすぎないことや睡眠を充分とり疲労を蓄積させないことなどが重要です。

今年の夏も厳しいと思われますが、自分にあった方法で乗りきりましょう。


■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト