■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|消化器内科:医療記事

もしかして糖尿病かも?

譜久山 慶子


ついつい食べすぎ、飲みすぎしちゃったな。反省しながら、ちょっと血糖値のことが気になるなんてことはありませんか?
家族に糖尿病の人がいて、遺伝しないか心配・・・なんてことはないですか?

糖尿病は、環境因子、遺伝因子両方が発症する原因になります。 日本糖尿病学会では、糖尿病の診断基準が示されています。もしかして・・気になるときは、ぜひ、ご相談ください。朝の食前血糖が、126mg/dl以上の場合、食事と関係なく、血糖値が200以上の場合、糖尿病である可能性が高くなります。

  • @空腹時血糖値≧126mg/dl、75gOGTT2時間値≧200mg/dl、随時血糖値≧200mg/dl、のいずれか(静脈血漿値)が、別の日に行った検査で2回以上確認できれば糖尿病と診断してよい。これらの基準値を超えても,1回の検査だけの場合には糖尿病型と呼ぶ。

  • A糖尿病型を示し、かつ次のいずれかの条件がみたされた場合は、1回だけの検査でも糖尿病と診断できる。
    (1)糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)の存在
    (2)HbA1c≧6.5%
    (3)確実な糖尿病網膜症の存在

また、血糖値は、食後の時間によって、大きく変動します。そこで、血糖値の平均を調べる指標が、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)です。血糖と違い、食事の影響を受けないため、いつでも検査ができます。赤血球の中に含まれるヘモグロビン(血色素)にブドウ糖が結合したもので、過去約120日間の平均的な血糖状態が分かります。正常値は4.3〜5.8%で、6.5%以上だと糖尿病と判定されます。すでに糖尿病と診断されている人の場合、血糖値のコントロールの指標として用いられます。

血糖コントロール指標と評価


糖尿病は、初期はなかなか自覚症状がなく、気づかれないことも多い病気です。気になるときは血糖値を測定してみてください。


■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト