■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|消化器内科:医療記事

年一回の健康診断は必ず受けましょう 〜消化器内科のご紹介〜

部長 中島 卓利


消化器には、食堂、胃、腸などの消化管と肝臓、胆のう、すい臓などがあり、消化器(内)科の役割は、消化器に病気があった場合、正しく診断し、適切な治療をおこなうことです。医療機関を受診される方のなかで、腹痛、食欲不振などの消化器の症状がある方は非常に多く、消化器分野は、最も患者さまの多い領域のひとつです。そのため、明石医療センターとして開院と同時に、消化器内科が新設されました。

消化器分野の病気には、胃炎、胃かいよう、胃がん、腸炎、肝炎、 肝臓がん、胆石、すい炎などがあり、最近特に増加している病気に、逆流性食道炎、機能性胃腸症、大腸がんなどがあります。

イラスト

それらの病気を正しく診断するために、血液検査だけでなく、上・下部内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)検査、胃・腸透視(バリウム検査)、超音波検査、CT検査などをおこないます。それらの検査技術のおかげで、病気が早期発見できるようになり、不治の病とされたがんが治るようになりつつあります。実際、胃がんになる方は減っていないにもかかわらず、胃がんで亡くなる方は減少してきています。しかし、大腸がんなどは急激に増加しており、早期に発見されれば、カメラを使って治せることも可能になっているにもかかわらず、大腸がんで死亡する方は増加しています。病気の早期発見にはいろいろな検査が必要で、 年一回の職場や住民検診は必ず受けるようにしてください。それにより、もし異常が指摘された場合は、必ず2次検診を受け、また異常を指摘されなくても何か気になる症状があれば、医療機関を受診すべきと考えます。

当科では、内視鏡検査をはじめとした検査や内視鏡を使った治療(消化管出血に対する止血術、胃がん・食道がん・大腸ポリープ・大腸がんの切除術、胆管内の胆石の除石術、胃ろう造設術など)を積極的におこなっています。例えば、大腸内視鏡検査では、がんになる可能性があるポリープが発見されることも少なくありません。

今後も、ご期待に沿えるよう頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。


■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト