■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|消化器内科:医療記事

食中毒にはご注意を

夏場は食中毒の発生しやすい時期です。一般に食中毒は細菌によるものが多く、サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌などがあり、他に冬期にカキの生食などで感染する小型球形ウイルスといったウイルスによるものもあります。サルモネラやカンピロバクターは食肉や鶏卵、腸炎ビブリオは特に夏期の魚介類などが感染源となります。O-157などの病原性大腸菌は汚染された牛関連食品などが感染源と考えられており、重篤な合併症をきたすことがあります。

イラスト


イラスト

感染予防としては


  1. 用便後や食事の前に石鹸を用いて十分な手洗いを行いましょう。

  2. できるだけ十分に加熱調理したものを食べ、特に肉類の生食は避けましょう。

  3. 汚染された包丁やまな板などの調理器具からの感染もあり注意が必要で、また冷蔵庫の過信も要注意です。



度重なる下痢、血便等の症状が見られた場合には、速やかに医療機関を受診してください。


■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト