■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|心臓血管外科

明石医療センター心臓血管・不整脈センター

心臓血管外科ってどんなところ?

当科では、心臓、大血管外科、末梢血管外科、呼吸器外科手術を行なっています。突然発症することの多い循環器系疾患は、迅速な診断と治療、手術が必要であり、患者様の診察、検査及び治療がいつでも行えるために、時間外(夜間、休日)の緊急対応を24時間体制で行なっています。

心臓疾患
先天性心疾患の手術、狭心症、心筋梗塞に対する冠状動脈バイパス術(心停止下、及び心拍動下)、心臓弁膜症(大動脈弁、僧帽弁等)の自己弁温存形成術、心房細動に対するメイズ手術、弁置換術などを中心として、特に虚血性心筋症に対する左室形成術にも力を入れています。循環器内科でのカテーテル治療の進歩に伴って、年々患者さまの重症化が最近の特徴です。

胸部大血管疾患
胸部大動脈瘤、大動脈解離の人工血管置換術を中心に行なっています。瘤破裂、急性解離等緊急手術が多いのもこの疾患の特徴です。

末梢動脈疾患
腹部大動脈瘤の人工血管置換術、閉塞性動脈硬化症のバイパス手術を行っています。腹部大動脈瘤は5cmを超えると破裂の危険性があり、より早期の治療をお勧めします。歩行時下肢痛は下肢血行障害の徴候であり、安静時痛に移行する前に御相談ください。より身体にやさしい、バルーンカテーテル、ステントによる血管形成術(血管内治療)も当院循環器内科で行なっています。

下肢静脈瘤
脚の“こぶ”のような静脈の拡張が静脈瘤で、出産後、立ち仕事の多い方に発症します。夕方の脚のだるさ、むくみ、こむらがえり、色素沈着等の症状が現れます。数ヵ所の小さな切開(1〜1.5cm)による静脈瘤の結紮手術治療を行っています。大部分の患者さんは入院を必要とせず、通院で治療することが可能です。

呼吸器疾患
肺癌、気胸などの手術を胸腔鏡(補助)下に行なっています。胸腔鏡下気胸手術は術後3〜5日目に退院となります。心臓、大血管に浸潤した進行肺癌例は、兵庫県立成人病センター呼吸器外科と協力して当院で手術を行なっています。

施設認定

  • 外科学会指定施設
  • 心臓血管外科専門医基幹施設
  • 呼吸器外科学会関連施設

■医療記事

医療記事



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト