■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|心臓血管外科:医療記事

腹部大動脈瘤−お腹の“脈打つこぶ”にご注意ください。

部長 戸部 智

腹部大動脈瘤は、直径5cmを超えると破裂の危険性があり(正常の血管径は2〜3cm)、手術治療の対象となります。破裂すれば、突然、激烈な腰腹部痛をきたし、突然死の原因となります。治療は開腹手術が主流でしたが、近年の心臓、末梢血管内カテーテル治療の進歩にあいまって種々の医療器材の開発がなされ、大動脈瘤治療の分野においても血管内治療が可能となり、最近、保険適応となりました。


具体的には、両側そけい部(足の付け根)に小切開をおき、X線透視画像を見ながらステントグラフトというステント付きの人工血管を、そけい部の血管から大動脈瘤内に挿入する方法です。手術後の回復は早く、通常手術後5〜7日目には退院可能となります。

しかし、全ての大動脈瘤の方に適応されるわけではなく、細かい適応基準があります。実施施設、実施医にも基準があり、当院にても治療を開始致しました。

お腹に“脈打つこぶ”があれば明石医療センター心臓血管外科にご相談ください。

カテーテル治療




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト