■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|心臓血管外科:医療記事

「よくわかる循環器疾患ー深部静脈血栓症ー」

深部静脈血栓症


欧米ほど高頻度ではありませんが、日本でも増加の傾向にあります。男性よりも女性にやや多く、40代後半から50代に起きやすいとされています。最近では長時間の飛行機搭乗によるエコノミークラス症候群、あるいは旅行者血栓症としても注目を集めています。静脈血栓症は血栓性静脈炎とも言われ、多くは二次的に静脈壁に炎症所見を伴います。静脈血栓症は全身の表在性や深部のどの静脈にも起こりえますが、下腿静脈、大腿静脈、骨盤内深在静脈などの深部静脈血栓症は頻度も多く、致命的となりうる肺塞栓を生じる可能性があり臨床的に重要です。


原因疾患


メカニズム起こりやすい状況、病気
静脈うっ血が主体外科手術後整形外科領域、胸部外科、腹部外科手術
悪性腫瘍血液凝固異常、移動性多発性静脈血栓、膵臓、肺、生殖系、腎尿路系、胃および乳腺
外傷骨折後
運動能の低下心臓病、四肢麻痺、静脈瘤、真性多血症、旅行など長期間の座位(エコノミークラス症候群)
静脈うっ血+血液凝固異常妊娠避妊薬(ピル)、エストロゲン補充療法
血液凝固障害アンチトロンビンV欠損症、プロテインC欠損症、プロテインS欠損症、抗リン脂質抗体症候群、抗カルジオリピン抗体等
静脈壁障害血管収縮物質、化学療法、感染症、ホモシスチン尿症、ベーチェット病、バージャー病



静脈の血栓は、血流のうっ滞、血管障害、血液凝固能の亢進の3つの因子が重要ですが、殆どは血流のうっ滞が主因です。


危険因子

1. 60歳以上

2. 広範な手術(年齢、静脈瘤、肥満、手術時間で術後のリスクは増す)

3. 静脈血栓の既往

4. 術前術後の長期臥床

5. 整形外科の大手術(股関節手術や膝の大手術)

6. 骨盤、大腿骨、脛骨骨折

7. 悪性腫瘍の手術

8. 重症の内科系疾患(心不全、炎症性腸疾患、敗血症、心筋梗塞など)

これらに該当する場合には危険度に応じた積極的予防策が必要です。

症状

急性期には静脈の血栓性閉塞による循環不全と血栓の飛遊による肺塞栓をおこし重篤になることもあります。静脈閉塞では動脈閉塞と異なり皮膚の表面の体温は低下せず、皮膚は紫色か赤色になり、静脈高血圧のために水分の移動がおこり、著明なむくみ(浮腫)が生じます。後遺症としては血栓後症候群といって、静脈高血圧のため皮膚の表在静脈に瘤(静脈瘤)が出来たり、栄養不足のために色素が沈着したり、皮膚炎や湿疹を起こしやすくなったり、治りにくい潰瘍が出来たりすることもあります。





■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト