■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|心臓血管外科:医療記事

「よくわかる循環器疾患ーワーファリンについてー」

1. ワーファリンとは?

心臓や血管の病気のある人で、血液が固まりやすい状態になることがあります。それを防ぐために、ワーファリンという血液を固まりにくくするお薬を使うことがあります。ワーファリンの錠剤は1mgが赤、0.5mgが薄いオレンジ色の包装がされているお薬です。

*1mgと0.5mgとでは色が違いますが、量が違うだけで全く同じお薬です。


2. ワーファリンの飲み方

人によっても体調によっても血液の固まりやすさが違うため、血液の固まる時間を定期的にチェックしながら、適量を決めています。ワーファリンは非常に大切な薬ですので、決められた量を正しく守り、飲み忘れや飲み過ぎのないようにすることが大切です。


3. 飲み忘れた時、飲み過ぎた時は?

もし、飲み忘れに気づいたら、半日以内であれば出来るだけ早く飲んでください。半日以上経っていた場合は、忘れた分は抜いて、次回から指示された量を服用して下さい。飲み忘れた分を一度にまとめて飲むことは、絶対にしないでください。間違えて多く飲んでしまったときは、医師もしくは薬剤師に連絡して下さい。


4. 副作用について

体調の良し悪しで、時にワーファリン効果が強くあらわれて、出血することがあります。決められた量を正確に飲んでいれば安心なお薬ですが、次のような徴候が強く現れたら、医師に連絡して下さい。


@鼻出血
A歯ぐきの出血
B傷口からの多量の出血
C月経過多
D血痰
E赤色またはコーラ色の尿
F赤色または黒色便
G皮膚の内出血
H頭痛、吐き気、嘔吐、手足に力が入らない、麻痺症状


5. 一緒に飲む時に注意が必要なお薬

ワーファリンと一緒に飲むときに注意が必要な薬として、抗生物質や風邪薬、痛み止めの薬(アスピリン等)は作用を強めますが、ビタミンKの混入した薬(グラケー、ケーワン等)は作用を弱めます。他の病院でお薬をもらったり、薬局でお薬を買うときは、「ワーファリンを飲んでいます」と告げて、医師や薬剤師の指示に従ってください。


6. 食生活上、嗜好品の注意

ワーファリンを処方されている間は、普段の食事習慣を変えないようにして、バランスのとれた食事をすることが大切です。納豆、クロレラ、青汁はワーファリンの効果を弱めますので摂らないで下さい。納豆、クロレラ、青汁は含まれているビタミンKが、ワーファリンの効き目を打ち消してしまうためです。一方、ビタミンKを多く含んでいる緑黄色野菜や海藻類などは、通常食べる量は問題ありません。食生活上、栄養学的にこれらは必要なのでバランス良く摂取してください。アルコールは、ワーファリンの効果に影響があるため控えましょう。喫煙は相互作用が明らかではありませんが、血液の流れが悪くなるため控えましょう。健康食品については、必ず医師、薬剤師に相談してください。


7. 生活上の注意

ワーファリンを処方されている間は、生活する上で次のことに注意して下さい。


@打撲や打ち身などをしやすい運動は避けて下さい。オートバイによる事故は頭を打撲しやすいので、オートバイには絶対に乗らないで下さい。
A鼻を強くかまないで下さい。歯磨きはやさしくみがいて下さい。
B刃物などを使用する時(髭剃りなど)は、出血しないよう注意して下さい。
C歯の治療を受ける時は、必ずワーファリンを服用していることを歯科の先生に報告するか、もしくは当センターの主治医に連絡して下さい。
Dワーファリンは、胎児に影響をおよぼすことがありますので、妊娠を希望される方は医師に必ず御相談下さい。






■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト