■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|整形外科

整形外科ってどんなところ?

私たちが毎日健康に活動できる源は健康な内臓はもちろんですが、脊椎・手足などの骨、関節、筋肉、靭帯、脊髄、神経が痛みなくうまく働いてくれることにあります。これらの器官や組織を運動器とよび、その病気や外傷(怪我)を治療するのが整形外科の仕事です。日常の生活活動に支障がないように、そして痛みのない生活、趣味やスポーツなど楽しい人生、これが私たち整形外科医の望むところです。
整形外科の治療は手術だけでなく、保存的治療といって日常生活の指導を始め、薬や注射、理学療法(温熱治療や体操療法)もおこないます。保存的治療によってよくならない場合や手術治療を必要とする外傷の場合に手術治療を行います。
整形外科の手術には骨折や脱臼をはじめとする外傷や人工関節などの関節手術、椎間板ヘルニアなどの脊椎手術、そのほか神経の手術や靭帯の手術、骨や筋肉の腫瘍(できもの)の手術などがあります。高齢者の骨粗しょう症による骨折では「寝たきり」にならないために積極的に手術治療をおこなっています。最近では早期の機能回復、社会復帰やスポーツ復帰のために内視鏡や顕微鏡を用いてより小さな切開で手術をおこなう方法を取り入れています。


■医療記事

医療記事



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト