■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|整形外科:医療記事

当院における腰椎椎間板ヘルニアの治療
〜顕微鏡視下ヘルニア摘出術〜

背骨は,体を支える支柱とその後方に神経のトンネル(脊柱管)を有しています。椎間板ヘルニアとは背骨の支柱である椎体と椎体をつなぐ椎間板軟骨が外力や加齢的変化によって飛び出す病態です。後方の神経のトンネルに飛び出した軟骨は神経を刺激、圧迫し下肢(脚)の痛みや痺れを引き起こします。さらに、進行すれば筋力低下・知覚鈍麻といった麻痺症状も呈して来ます。症状が強くなると日常生活が制限されたり,仕事や学業など社会生活も支障を来したりする事も少なくありません。

腰椎椎間板ヘルニアの治療ですが、多くは安静、投薬やブロック注射など保存治療でよくなります。長い目で見ると椎間板ヘルニアは自然回復する事が期待出来る疾患とされています。ただし痛みが強くなったり、麻痺が強くなってくると先の保存治療で効果がないような場合はそうも言っていられません。日常生活や仕事に大きく支障が出て来た場合は手術治療も最終手段と言いながらも考慮されることがあります。最近では早期に痛みを解放にするにはむしろ手術加療を選択する方が有効であるともいわれています。

手術方法は従来は背骨の後方を切開し、筋肉をはがして脊柱管の後方の壁(椎弓)を出し、その一部を削ってヘルニア塊で圧迫されている神経をよけた上ヘルニアを切除するといった方法が一般的でした。この方法ですと筋肉や、骨に対し大きく負担をかけ、術後に組織が修復されるのに時間がかかり、その間安静や入院を余儀なくされたりいていました。そこで最近では内視鏡や顕微鏡を使用してより小さな切開で筋肉や骨への負担を最小限にしてヘルニアをとる手術法が開発されました。この方法によって術後は早期の離床、入院期間の短縮、早期の社会復帰が可能になっています。

では,当院における手術治療について紹介します。

顕微鏡視下ヘルニア摘出術

手術方法としては当院では顕微鏡を用いた手術を行っています。顕微鏡の手術の場合、多くが3cm未満の皮膚切開で手術を行う事が可能です。また創部を小さくする事で術後翌日からの離床が可能で早期にリハビリを開始しています。入院期間はリハビリ期間に個人差がありますが、早くて5日、おおむね14日程度と入院期間は短縮されています。実際は患者さんの不安・負担を少なくするため、各人のスケジュールに合わせて調整しており、直後より早期に帰宅したい方、ある程度入院でのリハビリを行い方など要望に応じて治療期間を設定してます。

当院にて椎間板ヘルニアの摘出手術を受けられる方には必要に応じてMRIや脊髄造影検査など十分な精査を受けていただいております。そして納得のいくまで主治医の説明を受けていただき説明と同意の上で手術が行われる事は論を待ちません。私たちが患者さんに手術の説明をするときの説明用紙を下記に記載しておきますので参考にして下さい。


腰椎椎間板ヘルニア手術の説明書

1.現在の病名・病状

病名は椎間板ヘルニアといいます。椎間板の内部の髄核と呼ばれる柔らかい軟骨が飛び出し、脊髄神経(馬尾)を圧迫して下肢への神経痛や筋力低下・知覚鈍麻等の症状を発症します。
2.一般的な治療法と手術適応

まず安静を第一とします。さらに鎮痛剤の内服や神経ブロック、牽引や温熱などの物理療法、コルセット、体操療法などを組み合わせて保存的治療を行いますが、それらによる効果が少なく症状が強く残る場合に手術治療を考慮します。
3.手術の必要性

今回あなたの症状は十分な保存的療法をもってしても効果が得られず、日常生活や仕事に支障をきたしており、ヘルニア摘出術の手術が最もよい治療であると考えられます。
4.手術の目的

神経の圧迫を除去し、疼痛の改善、麻痺の進行を防止します。現代医学での手術の限界は、神経の圧迫を除去することにより神経の自然回復を期待することであり、神経そのものを回復させる手術は存在しません。従って手術後症状がどの程度改善するかは神経細胞がどの程度回復する能力を残しているかにかかっていることをご理解ください。
5.手術の方法(顕微鏡下手術)

手術はうつぶせの姿勢で行います。部位を誤らないようX線テレビにて確認の上、当該レベルで約2〜3cmの皮膚切開を加え細い筒を創部より挿入し脊柱管内に達します。顕微鏡を通して圧迫されている神経をよけ、ヘルニア塊(髄核)を摘出します。手術時間は神経の圧迫の強さや癒着の程度など個人差はありますがおおむね1〜2時間程度です。
6.麻酔の方法と危険性

手術は全身麻酔で行います。麻酔の詳細については担当麻酔科より説明があります。
7.輸血

脊髄神経の周囲には血管が豊富にあります。手術中これらの血管から思いがけず出血することがあり輸血を必要とする場合があります。(別紙「輸血・特定生物由来製品使用同意書」を参照してください。)
8.手術の危険性・合併症

1)神経損傷・硬膜損傷

この手術では圧迫されている神経をよけることができて始めてその直下にあるヘルニア塊を摘出することができます。時に神経とヘルニア(髄核)とが強く癒着していることがあり、ヘルニア摘出の際、予期せず神経が傷つくことがあります。神経が傷つくと一時的あるいは長期にわたり神経の働きが弱る可能性があります。(脱力やしびれなど)

2)感染

まれに手術創部より細菌が侵入し感染することがあります(0.2〜0.3%)。その予防のために、抗生剤の点滴・内服薬等を行いますが、もし感染を生じた場合は、直ちにその治療を開始します。

3)ヘルニアの再発など

ヘルニアの再脱出、神経の癒着、血腫による神経圧迫、削った骨の再形成、腰椎の不安定性の進行、別の部位での新たなヘルニアなどにより再び神経の症状が引き起こされる可能性があります。このような理由で再手術を要する可能性は約5%です。

4)静脈血栓症・肺塞栓症

術中・術後に下肢の静脈に血栓を生じ、きわめて稀ですがその血栓が肺動脈を塞ぎ呼吸困難やショックを引き起こし命に関わる事があります(約1%)。もし発症した場合は、直ちにその治療を開始します。
9.術後の予想される経過

手術翌日より離床。歩行・リハビリテーションを開始します。通常約2〜3週間で日常復帰(退院)できますが、肉体労働など職種によってはさらにトレーニングを要します。

手術治療を選択する最終決定は、あなたの裁量です。この説明に同意された後でも、手術を辞退することができます。またこの治療法につき不明な点や心配なことがありましたら、いつでも遠慮なく申し出てください。

明石市医師会立明石医療センター 整形外科





■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト