■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|整形外科:医療記事

ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)
『寝たきりにならないために』

平成19年の総務省の統計によると80歳以上の人口が700万人を突破したという事です。わが国は、非常な高齢化社会を迎えつつあります。高齢の方に『年をとって何が一番心配ですか』とたずねると、『寝たきりになって人の世話になること』という答えが圧倒的に多いのです。何歳になっても元気に過ごす事が最大の願いです。そのためには足腰がしっかりしている事が必要です。骨や関節、筋肉などを『運動器』と呼びますが、この運動器が衰えていくことをロコモティブシンドローム、略して“ロコモ”といいます。言ってみれば『メタボ』の運動器版です。ロコモになると日常生活での自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高まります。

既に『メタボ』は動脈硬化性疾患から脳卒中のリスクを高め、高齢者の要介護原因として重要視されています。一方、『ロコモ』は運動器の障害により要介護となる危険の高い状態です。実際、平成19年厚生労働省国民生活基礎調査では、高齢者が要介護になる原因の4位が関節疾患、5位が骨折で、この2つを合わせると1位の脳血管障害にほぼ匹敵する頻度となり、『ロコモ』がいかに重要視すべきかがわかります。この『ロコモ』は日本整形外科学会が提唱する、わが国が向かっていく超高齢化社会において特に運動器の面から要介護リスクの早期発見と予防を目指すための新しい考え方です。

ロコモティブシンドロームの主な原因として次のような運動器の機能低下や疾患が挙げられます。


1)バランス能力の低下

バランスが悪くなれば転倒の原因になります。実際年齢が上がるにつれて、片脚で立っていられる時間が短くなってきます。バランスを保つためには筋肉、関節、神経(脳)のネットワークが円滑に働く必要があります。この事はある程度訓練によって予防する事ができます。


2)筋力の低下

筋力も放っていると年齢とともに低下していきます。特に体を支える体幹、下肢の大きな筋肉の低下が目立ってきます。これらの筋力が低下すると転倒、骨折が起こりやすくなります。


3)骨粗しょう症

骨量が減少してゆく病気です。骨折の原因になります。


4)変形性関節症

腰や膝といった関節には軟骨があり滑らかに運動する事を手助けしています。その軟骨が年齢とともにすり減ることで痛みが出現します。痛みにより活動性が低下し、バランスや筋力の低下などを引き起こします。


5)腰部脊柱管狭窄症

脳が命令した事を手足に伝える脊髄や神経が脊柱管という背骨にある空間を通っています。年齢とともにこの脊柱管が狭くなった状態で手足のしびれや痛み、脱力を生じます。


ロコモの予防、対策は先にあげたここの疾患を治療しつつ、全身を動かす運動を長く続ける事が重要です。ロコモは早い人で40歳代から現れ始めています。若い頃から意識して運動器を鍛える事が大事です。また、適切な運動により、筋肉や骨は何歳になってもそれなりに鍛える事が可能です。

最後に『ロコモチェック』をしてみましょう。下に挙げた『チェックリスト5項目』でロコモかどうか、自分で確かめることができます。


1.片脚立ちで靴下が履けない
2.家の中でつまずいたり、すべったりする
3.階段を上るのに、手すりが必要である
4.横断歩道を青信号で渡りきれない
5.15分くらい続けて歩けない


ひとつでも当てはまれば『ロコモティブシンドローム』です。

当院では特に上で挙げた病気のうち、脊柱管狭窄症や変形性関節症などで保存治療ではよくならず、著しく運動機能が障害された場合に積極的に手術によって機能再建を図っています。多くの脊椎手術や人工関節手術を行っていますのでいつでもご相談ください。なお、上記の内容は一部NHKテキスト『今日の健康』2009年4月号参照しています。




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト