■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|整形外科:医療記事

先進医療「超音波骨折治療」について

当院では平成19年11月より厚生労働省より先進医療としての「超音波骨折治療」の施設基準を取得しました。兵庫県では11施設目、明石市を含む東播磨2次医療圏域では初めての認定となります。

■先進医療としての超音波治療

従来の骨折治療は、骨折部の整復・固定を行った後は骨癒合に関しては自然治癒力に任せるのが通常で、積極的に骨癒合を促進させる方法はありませんでした。超音波骨折治療法は骨折部に微弱な超音波を照射する事で骨癒合期間を約40%も短縮させる事ができるとされ、その先進性が評価されました。


■超音波骨折治療法の実際

この治療法は、既に医療機器として承認されている「超音波骨折治療器」を用いておこないます。超音波を骨折部の直上より1日1回20分照射しますが非常に微弱であり副作用もほとんどなく、手術直後より使用が可能です。またこの機器はレンタルできますので自宅でも継続治療が可能です。


■期待される効果

超音波骨折治療法の先進医療としての適応は四肢の骨折のうち、手術治療を実施した場合に限られています。骨折手術後すぐに超音波骨折治療法をおこなう事ができますので、通常より早い回復が望めます。
しかしながら、骨折の治癒期間は骨折部位や周囲の組織の損傷程度、全身状態や喫煙により大きく影響を受け、骨癒合が長引いたり(遷延)骨癒合が得られない事があります。本治療法においてもこのようなケースが起こりうる事をご理解ください。


■先進医療に関わる費用

超音波骨折治療法は、難治性骨折(数ヶ月たっても骨癒合が得られない場合など)では既に保険診療として承認されていますが、新鮮骨折での使用は保健適応外となります。ただし、先進医療として認定されていますので、そのほかの入院費や手術料については保険適応とする事ができます。この先進医療「超音波骨折治療法」にかかる費用は自己負担分として現在約15万円となっています。

詳細については整形外科担当医までお問い合わせください。




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト