■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|整形外科:医療記事

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)について

肘部管(肘部管)症候群とは、前腕の尺側(小指側)を通る尺骨神経が、肘周囲で圧迫されておこる疾患です。肘部管とは、肘の小指側の骨と肘の頭の骨の間の溝の部分を中心とする骨と靱帯に囲まれたトンネル状の部分の事です。この中を尺骨神経が通っています。肘を机の角にぶつけて電気が走った記憶はありませんか?

そこが肘部管の場所で,電気が走った神経が尺骨神経です。この部分で神経が圧迫を受けて小指のしびれや、握力の低下等を来したりします。

原因としては、肘関節の形状によるもの、関節の変形に伴うもの、肘部管部の腫瘍(ガングリオンなど)やリウマチなどによる炎症が原因で発症することもあります。

症状は小指、環指のしびれが主で、痛みをともなうこともあります。加えて、ものを握る力が弱くなるといった運動神経の症状が起こります。さらに症状が進むと、手の甲の筋肉が痩せ、小指球筋(手のひらの小指側にある膨らみ)が萎縮し、鷲の手の様な形の変形を来す事になります。

診断は問診や外来診察でほぼ見当がつきますが、その際、この病気と似た症状を起こすいくつかの病気、例えば頸椎疾患、胸郭出口症候群などとの鑑別が必要になることもあります。

原因が明らかなもの以外は、まず保存的治療を行います。肘の安静や固定を行ったり、消炎鎮痛剤やビタミン剤の内服などで経過をみます。
保存的治療で効果のみられないものや、日常生活動作、就労に影響する症状が続く場合は、手術を考慮します。
手術は肘部管を形成している骨や周囲の線維組織を切除したり、神経の走行を変化させる方法が行われます。またガングリオンなどの腫瘍や滑膜炎などがある場合は、これを切除する事が必要になります。
筋の萎縮が高度になると、手術をしても神経が満足に回復しない場合もありますので、なるべく早期に手術を受ける必要があります。

手首や指先の小指側のしびれを感じたら、肘部管症候群の疑いがあります。早めに整形外科を受診し、適切な治療を行いましょう。




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト