■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|産婦人科:医療記事

無痛分娩の取り扱いについて

患者様各位

平素は格別のご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

以前より当院で実施してまいりました無痛分娩ですが、予定日が平成29年度内までの妊婦様(分娩日が遅れることも考慮して平成30年2月28日を予定日とされる妊婦様)で受付を終了させていただくこととなりました。

無痛分娩を目的に当院を選んで頂いた患者様の御希望に添えることができなくなり、大変申し訳ございません。

無痛分娩は硬膜外麻酔という非常に高度な麻酔技術を要する医療行為であることから、多くの人手を要します。来年度以降、患者様に満足して頂ける良好な無痛分娩の提供が困難になることが予想されるための判断です。

皆様のご理解をよろしくお願い致します。

また、現在当院では、希望者には陣痛を待ってからの無痛分娩ではなく、多くの他の病院がそうであるように計画的に入院して頂き、誘発分娩を行いながらの無痛分娩を行っています。この方法では予想外の陣痛発来には対応できず、御希望通りの無痛分娩を実施できない可能性があることを、合わせて御了承下さいますようお願い致します。

誘発無痛分娩は初産婦の方では帝王切開の可能性が高まるとの指摘があり、当院としては初産婦の方に実施することは推奨しておりません。詳しくは、担当医と御相談ください。

これからも、明石医療センターは安全・安心なお産を守り続けていきたいと考えています。皆さまのご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


平成29年8月10日
社会医療法人愛仁会
明石医療センター
院長 坂本 丞





■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト