■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|産婦人科:医療記事

妊婦健診

望月 愼介

妊婦健診は正しくは妊婦健康診査といいます。読んで字のごとく、妊婦さんが健康であるかを診察することをいいます。

妊婦健診の回数については、妊娠初期より妊娠23週までは4週間に1回(妊娠初期は間隔がもう少し短いことがありますが)、妊娠24週から妊娠35週までは2週間に1回、妊娠36週以後分娩までは1週間に1回と日本全国で決められています。24週以降は、妊娠中毒症や妊娠糖尿病などの異常がおこったり、赤ちゃんの発育の遅れや早産の危険が出てきたりするので健診間隔が短くなり、36週以降はお産が近くなるので赤ちゃんがきちんと下がってきてるかどうか、逆子にはなっていないかどうかなど、まめにチェックする必要があり、さらに短くなるわけです。

妊婦健診では子宮やお腹まわりの大きさをはかって赤ちゃんが大きくなっているかどうか、そして血圧測定、尿検査、血液検査で妊娠中毒症や妊娠糖尿病などのお母さんの異常がないかどうかを診ていくのが一般的です。最近では超音波の発達により赤ちゃんの大きさや子宮の入り口の長さを測ったりして、赤ちゃんの発育の程度や早産の兆候がないかなどを診ていくことも行われるようになってきています。このような検査をしてお母さんや赤ちゃんが健康かどうかを診ていきます。

イラスト


また以上のような検査以外に妊婦健診には妊娠中における食事などの生活全般に対する指導も含まれます。当院では資格のある助産師が常時妊婦さんへの保健指導を行っております。 

産科のつとめは、お母さんが元気で、そして元気な赤ちゃんを産んでもらうことにあります。そのために妊婦健診は非常に大切なものですからきっちり健診をうけましょう。妊婦健診時に超音波でみる赤ちゃんはたいへん可愛いですよ。



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト