■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|総合内科:医療記事

糖尿病は血管病です

医長 木南 佐織

最近糖尿病を始めとする生活習慣病が増えているって、よくテレビ・雑誌などに取り上げられています。糖尿病ってどんな病気なのでしょうか。


糖尿病って血糖が高くなって、尿に糖が出てくる病気・・・ですよね。では血糖が高くなるとなぜ悪いのでしょうか。血糖(ブドウ糖)は体のエネルギー源として欠かせないものです。甘い食べ物やお米などの穀物だけでなく、脂肪やたんぱく質も体内でブドウ糖に変化してエネルギーとして使われます。このとても大切なブドウ糖が過剰になった状態が糖尿病です。飽食の時代を象徴する現代病と言えます。急に高血糖が起こればのどが渇いたり、多尿になり自覚症状が現れて早期に糖尿病と診断できることがありますが、多くの場合は徐々に高血糖になるため症状がないことが多いのです。でも血糖が高い状態が続くと体のいたるところの血管に障害が起こってくるのです。



イラスト


小さな血管が障害されると、いわゆる三大合併症が現れます。


@ 網膜症(眼の血管障害で失明に至ることもあります。)
A 腎症(まずたんぱく尿が出現します。進行すれば人工透析が必要です。)
B 神経障害(手足のしびれや痛み。進行すれば手足が腐る壊疽になることも。)


大きな血管が障害されると以下のような病気が起こります。


@ 狭心症・心筋梗塞(心臓の血管の動脈硬化)
A 脳梗塞(脳の血管の動脈硬化)
B 閉塞性動脈硬化症(足の血管の動脈硬化)


このようにとても怖い病気なのですが、これだけ医療が進歩してもなお糖尿病の合併症で苦しんでいる人は増え続けています。その理由のひとつは早期には症状がほとんどないことです。症状が現れた頃には元に戻れない状態に進行していることが多いのです。症状のない早期合併症は定期的な診察や検査(眼底検査、血液・尿検査など)で見つけることができます。そして早期から良い血糖コントロール、高血圧や脂質や体重のコントロールを行えば血管病を起こさず健康な人と変わらない生活の質が得られ、健康な人と変わらない寿命が得られるのです。糖尿病はまず自分自身が主治医です。そして私たち医療者はよりよい状態を保てるように可能な限りサポートさせていただいているのです。



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト