■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|総合内科:医療記事

心臓病の原因で注目される「メタボリック・シンドローム」を知っていますか。

副院長/部長 坂本 丞

明石医療センターでは狭心症や心筋梗塞などの心臓病の診療に力を入れています。これらの病気は、高血圧症や高脂血症、糖尿病といった動脈硬化の危険因子が原因で起こります。しかし、取り立てた危険因子がないのに重症の心臓病を発症する比較的若い方々をよく見かけます。最近になり、内臓脂肪性肥満に複数の生活習慣病を合併し、動脈硬化疾患を起こしてくる新しい概念の病気が確立されました。それが今注目の「メタボリック・シンドローム」で、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となるとされています。

2005年4月に日本内科学会が中心になり、「メタボリック・シンドローム」の診断基準が作られました。必須項目は内臓脂肪性肥満であり、CT写真で測定した内臓脂肪面積が100平方cm以上と規定しています。内臓脂肪蓄積の簡便な指標として、ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」としています。 これに加えて、@血清脂質異常(中性脂肪値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満) A血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上) B高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)の3項目のうち2つ以上を有する場合を「メタボリック・シンドローム」と診断します。

「メタボリック・シンドローム」の基本は内臓脂肪性肥満であり、過度の内臓脂肪が血糖をコントロールするインスリンの効きを鈍くする「インスリン抵抗性」を誘発し、さらには高血圧や糖尿病を伴ってきます。特に注意したいのは、それぞれの異常が軽くても複数が合併するとリスクが高いという点です。少し太り気味、少し高血圧気味、少し血糖値が高いなど自分ではほぼ健康と思っていても、突然に心筋梗塞などを発症する危険性が高くなります。喫煙が加わるとさらにリスクが上がります。

イラスト

「メタボリック・シンドローム」の予防や治療には、食生活や日々の運動により内臓脂肪を少なくすることと、個々の危険因子への対処が大切です。現代日本の中高年では、3〜4人に1人がこの病気の範疇に入るとされています。あなたも「メタボリック・シンドローム」ではありませんか。



メタボリック・シンドロームの診断基準

■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト