■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|麻酔科:医療記事

麻酔科エラーブックが出版されました。

平成22年10月、メディカル・サイエンス・インターナショナル社から、《麻酔科エラーブック》が出版されました。本書はC.Marcucciらの編集による《Avoiding Common Anesthesia Errors》の日本語訳です。原書を明石医療センター麻酔科の読書会で使用していましたが、内容が充実しているうえに面白く読めるため、麻酔科医の友人たちと共に日本語版を作った次第です。

翻訳には明石医療センター麻酔科の若者達をはじめ、近隣の病院の研修医達も数多く協力してくれました。彼らの真面目な努力、とりわけ神戸麻酔アソシエイツの有澤創志先生によるきめ細かな編集作業により、原書の親しみやすい臨場感あふれた語り口を、読みやすい日本語として表現できたと思います。

この日本語版は、机に向かって勉強する時以外にも、例えば医局で一休みする折や当直の夜長などに気軽に手にとっていただける、副読本的な性格の本です。まるで医局で先輩方の話を聞いているかのような、豊富な経験に裏打ちされた妥当で説得力のある記述が、教科書とは一味違う本書の特徴です。日常の臨床に直結する内容は、研修医から指導医まで、麻酔科の臨床に携わる全ての方に役立つと思います。

メディカル・サイエンス・インターナショナル社からは同時に、須崎紳一郎先生の監訳で、同じシリーズの《外科エラーブック》も出版されました。こちらはその名前の通り、外科医向けの内容の本ですが、その中の第75章の翻訳を、内藤が担当しています。麻酔科と外科の2冊のエラーブック、共に「避けるべき前車の轍にこそ万金の価値がある」という、真摯な思いから書かれた本です。明石医療センターの麻酔や手術をより安全にするためにも、これらの2冊を活用したいと考えています。



        麻酔科エラーブック麻酔科エラーブック           外科エラーブック外科エラーブック





■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト