■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|麻酔科:医療記事

新年度を迎え、麻酔科はさらにパワーアップしました

麻酔科 部長 内藤 嘉之


平成22年4月、我々の仲間に後期研修医2名が新たに加わり、麻酔科は総勢8名の大所帯となりました。

新たに後期研修医となられた益田佳世子先生と井上慧人先生は、ともに神戸大学出身で優れた頭脳の持ち主、麻酔科医として将来が楽しみな若者たちです。さらにもう一人、久保田健太先生が、神戸大学麻酔科からのローテーションで、中川明美先生と交代でスタッフとして来られました。久保田先生は、大学病院でも熱心な研修態度がピカ一だった方、心臓外科手術の麻酔を中心に、すでにパワー全開で頑張っておられます。

ところで、「手術室が4つだけの明石医療センターに、8人の麻酔科医は多すぎるんじゃない?」と、思われる方も多いと思います。ですが心配はご無用、我々は手術室だけではなく、救急外来や集中治療部での診療も手がけています。さらに関連する高槻病院や千船病院への麻酔応援、近隣の明石市立市民病院、兵庫県立加古川医療センター、西神戸医療センター、神戸大学病院における研修など、様々な施設でお手伝いや勉強をさせていただいております。また5月からは雑誌LiSAの編集協力員を拝命し、情報発信力も強化されました。もちろん本家の明石医療センター手術室も年度初めから大繁盛、麻酔科のメンバーはそれぞれ、昨年度以上に忙しい、充実した日々を過ごしています。

麻酔科の医師不足が嘆かれるなかで、麻酔科医を志す熱心な若者たちが沢山集まってくれたことは、麻酔科の責任者として大変嬉しいことです。しかし同時に、大きな責任もひしひしと感じています。しっかりと勉強し、十分な経験を積んで、全員が立派な麻酔科医として成長していただきたい。そのための環境作りにベストを尽くす!私も決意も新たにして、新年度に臨んでいます。






■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト