■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|麻酔科:医療記事

当院麻酔科にも、JB−POT認定医が誕生しました

心臓手術の麻酔管理は、明石医療センター麻酔科にとって最も重要な仕事の一つであり、またその習得は当院の麻酔科研修における主要目標に含まれております。心臓麻酔は高度に専門的な知識と技量を必要とし、とりわけ経食道心エコーによる術中心機能評価は、心臓手術に不可欠なモニタリング法として習熟が必須となっています。

イラスト


我々の所属する日本心臓血管麻酔学会では、心臓麻酔の専門性を深め、その質を向上させるため、2004年度より日本周術期経食道心エコー認定試験(英語名を略してJB−POTと呼ばれます)を行ってきました。麻酔科医の間では、JB−POTはたいへん難しいことで有名です。その合格率は平均して50%程度、2007年度までの合格者数は全国でわずか375名です。

今回、当院麻酔科の秋山浩一医師が、2008年度JB−POTにめでたく合格しました。麻酔科研修2年目としては快挙であり、麻酔科だけでなく心臓外科をはじめとする病院全体にとっても嬉しいニュースです。これをきっかけとして、当院の若い麻酔科医諸君がさらに活性化され、明石医療センターにおける心臓麻酔の質も一段と向上することが期待されます。




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト