■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

看護部|看護部長室


看護部長の方針


「私たちは、信頼される医療を目指し、常に患者さまの意思を尊重する看護を提供することを理念としております。」

超高齢化・多死化社会における看護職に期待されるものは、大変大きいものがあります。また、患者満足度の追求を考えると、従来の「優しい看護師」の存在だけでは成り立ちません。先を読み、行動できる技術や専門的知識また専門職としての姿勢(態度)が高レベルで求められます。それに対応するため、看護部といたしましては、看護の質の向上を第一目標として、安全に安心した療養環境づくりをし、看護職員一人ひとりが判断能力を高め、「考動」できるような人材(人財)の育成が最も必須課題と考え取り組んでおります。



理念

私たちは、信頼される医療を目指し、常に患者さまの意思を尊重する看護を提供します。



看護部 基本方針

1. 専門職業人として主体的に活動する。

2. 高い知識・技術・倫理観に基づき、『みて、触れて、考える』看護を実践する。

3. 多職種とよい協力関係を築き、チームとして患者さんに最適な看護を提供する。

4. 貢献・創意・協調ができる人材(人財)の育成。



平成28年度 看護部目標

1. 患者の信条・人格・生活・権利を尊重し、患者の自己決定、自立への支援を行う

2. 看護の創意工夫を図り、チーム力を発揮し、質の高い看護を提供する

3. 医療安全に努め、安心で信頼される看護を実践する

4. 変化する医療ニーズに対応できる看護の専門職として、活動することを推進し、
   個々の能力を適正に評価し育成する

5. 病院の健全経営に積極的に参画し、安定した経営の確保に努める

6. ワーク・ライフ・バランスの推進



めざす看護師像

・専門的知識・技術と倫理観を持ち、急性期医療に対応できる

・患者満足につながる看護ケアの提供ができる。

・常に直感的観察判断ができる。

・常にアグレッシブに考動できる。

・常に研究的視点で物事を見ることができる。

・常に自身の看護を振り返ることができる。



概要

  • 看護体制・看護方式等

    看護単位 8看護単位・手術室・ICU・HCU・外来・透析検査
    看護方式 固定チームナーシング+PNS(パートナー・ナーシングシステム)※
    勤務体制 夜勤  16:30〜翌日9:00(二交替制)
    日勤  8:30〜17:00
    ※早出遅出あり
    ※当センターでは、平成25年度よりほとんどの病棟でPNS(パートナー・ナーシングシステム)を導入しています。

  • ◆明石医療センターにおけるPNSとは・・・

    2人の看護師が安全で質の高い看護を提供できるよう、 良きパートナーとしてお互いの特性をいかし、相互に補完し協力し合って、毎日のケアや看護業務におけるその成果と責任を共有する看護体制です。患者様にとっては、二人の受け持ちが担当しているため、相談しながら漏れのないようにケアや処置が提供でき、一人が電子カルテ記録・一人が患者様のバイタル測定や会話をすることができるなど、多くのメリットがあると考えています。


    写真
    写真


  • 会議・委員会

    看護部会議 ・看護科長会
    ・看護主任会
    ・看護副主任会
    ・合同(科長・主任・副主任)会議
    ・実習指導者会
    委員会 ・看護褥瘡委員会
    ・看護NST委員会
    ・看護記録・電子カルテ委員会
    ・看護安全推進委員会
    ・看護退院調整委員会
    ・看護の質改善委員会
    ・看護感染防止委員会
    ・看護呼吸ケアチーム委員会
    ・看護CS委員会
    ・救急災害対策充実委員会
    ・看護新人臨床企画委員会
    ・看護教育委員会
    ・看護研究委員会
    ・看護の日委員会
    ・PNSワーキング
    ・看護必要度ワーキング
    実習受け入れ ・明石医療センター附属看護専門学校
    ・明石市医師会准看護高等専修学校
    ・養護教育課程看護実習
    ・兵庫大学
    ・関西看護医療大学
    ・神戸常盤短大通信制課程
    ・近大姫路大学看護学部(助産実習)
    ・神戸市立大学(助産実習)
    ・愛仁会看護助産専門学校(助産実習)
     
    ・トライやるウィーク(明石・神戸)
    ・ふれあい看護体験


部署紹介



  • 本館3階病棟 【47床:主に循環器、腎臓内科】    本館3階病棟の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    本館3階病棟には、主に不整脈などの心臓病や検査や糖尿病や腎臓病の検査、透析導入、教育目的の患者様が入院されます。急性期のしんどい時期は、早期に症状が軽快するようサポートし、また、疾患の特徴から生涯にわたり病気と上手く付き合っていく事がQOLに影響する為、おひとりおひとりに合わせた日常生活指導を他職種と連携しながら、退院後もお元気に過ごせるように支援しています。



  • 本館4階病棟 【45床:婦人科・小児科・外科】    本館4階病棟の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    本館4階病棟は、新生児や幼少期から老年期までを対象とする病棟です。チームワークの良さを強みとし、スタッフ全員が一丸となって、患者様が安心して療養できる環境づくりに努めています。『いつも患者様が主体!』をモットーに、私たちが患者様に関わることのできる時間を大切にし、愛情のある優しさと厳しさを持ってサポートしています。患者様との出逢いの中で、私たちも学ばせて頂くことが沢山あります。その学びが患者様のより良い生活への導きとなるよう日々精進していきます。



  • 本館5階病棟 【51床:主に呼吸器内科、内科】    本館5階病棟の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    本館5階病棟は主に呼吸器内科・内科病棟であり、慢性・急性呼吸器不全、肺癌、肺炎、気胸、喘息、間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患などの患者さまが入院されます。医師や他職種の職員とともに、チームワークを大切にし、患者さんが安心して入院生活が送れるように、笑顔をたやさず患者さまの立場に立った看護を心がけています。主に呼吸器疾患患者さまの入院が多く、入院により、患者さまが寝たきりにならないように、リハビリを兼ねた呼吸筋の体操や入浴・シャワーなどの清潔援助の充実を図り、早期回復・退院を目指した看護ケアの提供を目指しています。



  • 本館6階病棟 【55床:主に整形外科、内科系】    本館2階病棟の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    本館6階病棟では、整形外科の患者様が多く入院されており、骨折や脊椎疾患、人工関節置換術などの手術も積極的に実施しています。また、チーム医療の実践として、医師・看護師・理学療法士・薬剤師・医療秘書など多職種で連携を持ち、回診およびウォーキングカンファレンスを実施しています。患者様にも参加してもらい、より効果的な回復への支援方法を検討しています。また、スタッフは明るく元気いっぱいです。患者さまに安全で安心な看護を提供するために、パートナーシップナーシングシステムをのもと、年間パートナー制もとっています。若い看護師パワーとベテラン看護師の技とが統合した形のパートナーが多く、お互いの良さを引き出しながら、十分な説明ときめ細やかな配慮ができるよう努めています。



  • ICU (8床)    ICUの詳しい紹介はこちら
  • 写真

    ICU看護科では大きな手術の後や、急な発病により生命の危機状態に陥った患者さまに昼夜を問わず、最良の医療と、心身両面の的確な看護を提供しています。また、患者さまを支えるご家族への精神的ケアの実践も常に心掛けています。「安全で質の高い看護とエビデンスに基づいた専門性の高い看護の提供」を看護科目標として挙げ、目標を達成する為、2グループで活動を行っています。グループ活動の内容としては、医療安全や感染対策を強化するグループと患者様の回復促進、看護の質向上に取り組みを行うグループに分かれ、それぞれスタッフが主体となって日々努力をしています。ICUの活動については高機能フロアのホームページもご覧下さい。



  • HCU(8床)    HCUの詳しい紹介はこちら
  • 写真

    HCU(high care unit高度治療室)とは、ICU(集中治療室)と一般病棟の中間に位置する病棟です。当院は急性期医療および重症患者治療に重点をおいており、高度な治療を必要とする重症患者さまが入院し、大手術などの侵襲的治療も多数行われています。 患者さまが早期に生命の危機を脱し、より円滑に回復できることを目標としています。緊急入院で状態の不安定な患者さま、大手術後の患者さまやそのご家族に対して、高度な治療を行いながらも生活の場としての環境と質を保つことを心がけ、安全・安楽な看護を提供していきます。



  • 手術・中材看護科(7室)    手術・中材看護科の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    2014年9月より「ハイブリッド手術室」を含む7室の手術室と2室の心・血管造影室を32名の看護師で対応しています。手術室は365日24時間体制で、緊急度の高い心臓血管外科の手術や緊急帝王切開など、また心・血管造影室では急性心筋梗塞の治療など迅速な対応をしています。患者さまが安全に安心して手術、治療が受けられるようにスタッフ全員で頑張っています。器械の洗浄・滅菌、物品管理、清掃業務は委託業者の方の力を借りて、手術室看護師は手術に集中できる環境が整えられています。緊急や高度な医療が求められる中で、患者さま一人ひとりに寄り添った看護が行えるような関わりを目指しています。



  • 透析検査看護科    透析検査看護科の詳しい紹介はこちら
  • 【透析室】

    写真

    透析室は、透析ベッド20床で、外来患者と入院患者(透析導入、手術や検査入院)の血液透析、腹膜透析、血漿交換などを行っています。透析患者は透析中の看護だけでなく、自己管理能力を高められるような看護が重要になります。平成26年度より、月1回の透析カンファレンスに加え、症例カンファレンスを毎週実施しチーム医療を充実させています。また、慢性腎不全の悪化を予防する目的で、CKD看護外来・教育入院・腎臓病教室など、腎臓内科医師、病棟看護師・薬剤師・栄養士・臨床工学士と、チームで積極的に取り組んでいます。


    【検査(内視鏡)】

    写真

    内視鏡検査・治療や透視室での治療や処置の看護を行っています。消化器内視鏡センターは、高度な治療に対応できる設備を備えており、全身麻酔下で内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。術前訪問から術中、術後まで当スタッフが周術期の看護を実践しています。また、透視室では、気管支鏡検査や膵・胆管内視鏡検査や、ミエログラフィー検査・ドレナージ、造影CT検査など、各診療科の様々な検査治療に対応しています。年々高度化する、検査・治療に対応できる看護師を育成し、患者さんが安心して治療を受けられるよう取り組んでいます。



  • 南2階病棟 【28床:産科病棟】    南館2階病棟の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    南館2階病棟は、産婦人科外来やNICUと連携しながら、すべての妊産婦さんが満足できる分娩をお手伝いし、自信をもって育児を行えるようスタッフ一丸となって取り組んでいます。お産はLDRで、陣痛・分娩・回復の各期を過ごしていただいています。お産後は母子同室制を取り入れ、母乳育児推進も行っています。ベビーの連れ去り防止システムの導入や、病棟の扉のロックシステムなど、防犯面でも安心して過ごしていただけるようになっています。また、助産外来も導入し、対象の妊婦さんに対して助産師が主体となって妊婦健診を行ったり、産後の母乳育児相談も実施しています。



  • NICU (3床)    NICUの詳しい紹介はこちら
  • 写真

    NICUは主に早産で産まれたり、出生後に呼吸が不安定になるなど医療のサポートが必要な赤ちゃんを専門的に治療する病棟です。2014年10月に開設され、まだ症例数は少ないですが、愛仁会グループの病院や近隣の病院のNICUで研修を受け、スタッフのスキルアップを図っています。産科病棟と隣接しているため情報の共有や連携も行いやすくなっています。専門の小児科医師と看護スタッフにより、きめ細やかな医療及び看護サービスを提供できるように日々努力しています。



  • 南館3階病棟 【33床:主に心臓血管外科、呼吸器外科、循環器内科】
        南館3階病棟の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    南3階病棟は心臓弁膜症や大動脈瘤、心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患、肺癌や気胸などの肺疾患を中心とした病棟です。開心術や心臓カテーテル検査など侵襲の大きな処置も毎日のようにあります。心臓や肺が悪いと全身の体力も低下します。私たちは「寝たきりを作らない」をモットーに 慢性心不全認定看護師による心臓リハビリ指導など、退院後の生活も見据えた看護の実践を大切にしています。



  • 南館4階病棟 【47床:主に消化器内科・消化器外科】    南館4階病棟の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    南館4階病棟では、毎日医師と看護師でカンファレンスを実施し、主治医から看護師へ治療方針や病状のより詳細な情報を提供し、看護師からはベッドサイドの状態や患者・ご家族さまの思いや不安を伝え、医師、看護師間で情報共有し、出来る限り同じ思いで患者様の治療・看護にあたれるよう努力しています。また、内視鏡検査後や外科手術後も安心・安楽に過ごせるよう疼痛緩和などの苦痛を少しでも緩和できるよう配慮していきます。急性期から終末期に至るまで、幅広い病態の患者さまの意思を支援できるように、患者さま・ご家族さまに寄り添い、温かみのある看護を提供し、今後も質の高い看護の実践を目指して、スタッフ一丸となり、より一層努力を重ねていきたいと思っています。



  • 南館5階病棟 【45床:主に消化器内科】    南館5階病棟の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    私たち南5階病棟看護スタッフは総勢34名で、主に胃癌、大腸癌、総胆管結石、膵炎他、消化器内科疾患の内視鏡検査、治療を受けられる患者さま、また急性期から終末期までの患者さまを看護させていただいています。患者さまに安心して療養していただき、早期に退院し日常生活が送っていただけるように、他部門とも協力しながら関わらせていただき、患者さま、ご家族の気持ちに寄り添い、治療、日常生活の支援を精一杯させていただきたいと思っています。



  • 外来看護科    外来看護科の詳しい紹介はこちら
  • 写真

    当外来は、1月7日から泌尿器科が開設され、計15の診療科と外来化学療法室からなります。患者さまに、安心して診療を受けて頂けるように、笑顔と心のこもった対応を心がけ、看護師・看護助手・医療クラークが連携しながら業務を行っています。お待ち頂く時間が長い時がありますが、わかない事があればお近くのスタッフまでお声掛けください。





専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

高度化・専門分化が進む医療現場における看護ケアの広がりと看護の質向上を目的に、専門看護師、認定看護師、認定看護管理者の3つの資格があり、日本看護協会が資格の認定を行っております。
当院でも資格取得のバックアップをしており、専門看護師、認定看護師、認定看護管理者が在職しています。

専門看護師    認定看護師    認定看護管理者



看護部紹介ビデオ

【先輩と後輩の仲の良さについて】



【ローテーション研修について】




■トピックス

トピックス



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト