■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|循環器内科:実績

心臓カテーテル検査・治療件数 new


  CAG(冠動脈造影,PCI含む) PCI(経皮的冠動脈形成術) PTA(経皮的血管形成術)
1999年 474 140 0
2000年 517 146 2
2001年 475 136 6
2002年 754 230 9
2003年 983 333 26
2004年 1008 358 21
2005年 1179 394 64
2006年 1262 418 87
2007年 1184 415 80
2008年 1335 526 121
2009年 1457 565 135
2010年 1334 529 165
2011年 1430 500 185
2012年 1764 497 156
2013年 1862 541 166
2014年 1894 486 157
2015年 2135 481 160
2016年 2418 635 129


経皮的冠動脈インターベーション(PCI)施行数と成功率 new


PCI(経皮的冠動脈形成術) 総数 成功 成功率
2003年 PCI (total) 333 310 93%
2004年 PCI (total) 358 342 96%
2005年 PCI (total) 394 366 93%
2006年 PCI (total) 418 389 93%
2007年 PCI (total) 415 394 95%
2008年 PCI (total) 526 508 97%
2009年 PCI (total) 565 552 98%
2010年 PCI (total) 529 520 98%
2011年 PCI (total) 500 485 97%
2012年 PCI (total) 497 490 98%
2013年 PCI (total) 541 535 99%
2014年 PCI (total) 486 484 99%
2015年 PCI (total) 481 474 98.5%
2016年 PCI (total) 635 624 98.3%

  総数 成功 成功率
2003 緊急PCI 101 98 97%
2004 緊急PCI 92 89 97%
2005 緊急PCI 85 80 94%
2006 緊急PCI 98 94 96%
2007 緊急PCI 87 84 97%
2008 緊急PCI 127 123 97%
2009 緊急PCI 136 134 99%
2010 緊急PCI 132 130 98%
2011 緊急PCI 109 108 99%
2012 緊急PCI 81 79 98%
2013 緊急PCI 65 64 99%
2014 緊急PCI 102 102 100%
2015 緊急PCI 98 96 98.0%
2016 緊急PCI 120 117 97.5%

  総数 成功 成功率
2003 選択的PCI (CTO以外) 200 194 97%
2004 選択的PCI (CTO以外) 221 216 98%
2005 選択的PCI (CTO以外) 352 336 95%
2006 選択的PCI (CTO以外) 380 365 96%
2007 選択的PCI (CTO以外) 382 371 97%
2008 選択的PCI (CTO以外) 355 353 99%
2009 選択的PCI (CTO以外) 378 374 99%
2010 選択的PCI (CTO以外) 348 348 100%
2011 選択的PCI (CTO以外) 357 352 99%
2012 選択的PCI (CTO以外) 375 372 99%
2013 選択的PCI (CTO以外) 436 434 99%
2014 選択的PCI (CTO以外) 319 318 99%
2015 選択的PCI (CTO以外) 349 348 99.7%
2016 選択的PCI (CTO以外) 466 464 99.6%

  総数 成功 成功率
2003 CTO 34 21 62%
2004 CTO 47 36 77%
2005 CTO 42 30 71%
2006 CTO 38 24 63%
2007 CTO 33 23 70%
2008 CTO 44 32 73%
2009 CTO 51 44 86%
2010 CTO 49 42 86%
2011 CTO 34 25 74%
2012 CTO 41 39 95%
2013 CTO 56 52 93%
2014 CTO 25 24 96%
2015 CTO 34 30 88.2%
2016 CTO 49 43 87.8%


PCI:経皮的冠動脈形成術
緊急:入院しすぐ行なうもの
選択的:予定をたて行なうもの
CTO:慢性完全閉塞、一般に成功率は6割程度
成功率:1回の手技中すべての病変が成功した場合を成功とした



経皮的末梢血管インターベンション(PPI)施行数と成功率 new


PPI 総数 成功 成功率
2003年 31 28 90%
2004年 21 16 76%
2005年 64 59 92%
2006年 87 77 89%
2007年 80 75 94%
2008年 121 111 92%
2009年 135 122 90%
2010年 165 154 93%
2011年 185 167 90%
シャント形成術以外 152 140 92%
シャント形成術 33 27 82%
2012年 156 153 98%
2013年 166 161 97%
2014年 157 153 98%
2015年 160 155 96.9%
2016年 129 127 98.4%


PPI:経皮的腎動脈形成術、頚動脈ステント、シャント形成術を含む。
       下肢動脈や腎動脈を風船やステントで広げる手技。
成功率:1回の手技中すべての病変が成功した場合を成功とした




不整脈治療件数

2016年 new

心臓電気生理学的検査(EPS)371例
経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)353例
 心房細動のカテーテルアブレーション214例
ペースメーカー植え込み術252例
 徐脈用ペースメーカー165例
 植え込み型除細動器(TV-ICD)16例
 完全皮下植え込み型除細動器(S-ICD)9例
 心不全用両室ペースメーカー(CRT-D/P)62例
植え込み型心電ループレコーダー(ILR/ICM)30例





2015年

心臓電気生理学的検査(EPS)281例
経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)257例
ペースメーカー植え込み術194例
 徐脈用ペースメーカー148例
 植え込み型除細動器(ICD)11例
 心不全用両室ペースメーカー(CRT-D/P)35例
植え込み型心電ループレコーダー(ILR)10例





2014年

心臓電気生理学的検査(EPS)239例
経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)222例
ペースメーカー植え込み術172例
 徐脈用ペースメーカー123例
 植え込み型除細動器(ICD)16例
 心不全用両室ペースメーカー(CRT-D/P)38例
植え込み型心電ループレコーダー(ILR)4例









心大血管疾患リハビリテーション件数(カッコ内は人数)


狭心症 急性心筋梗塞 心不全 心大血管疾患術後 閉塞性動脈硬化症(ASO) 合計
2006年 77(22) 306(65) 210(24) 816(121) 1409(232)
2007年 133(27) 379(64) 142(22) 1011(139) 1665(252)
2008年 183(34) 644(128) 561(93) 1420(176) 2808(431)
2009年 267(58) 589(122) 1030(172) 1857(212) 185(45) 3928(609)
2010年 132(28) 864(148) 1737(231) 1605(187) 215(86) 4553(680)
2011年 230(46) 716(123) 1730(248) 1567(221) 226(98) 4469(736)
2012年 45(14) 394(79) 1616(223) 1793(237) 157(80) 4005(633)
2013年 112(26) 386(80) 1741(260) 1860(260) 108(56) 4207(682)
2014年 204(32) 555(113) 1697(259) 1600(233) 78(40) 4134(677)
2015年 97(18) 587(111) 2453(347) 1639(238) 102(23) 4878(737)
2016年 220(34) 633(137) 3260(468) 2237(289) 143(41) 6493(969)




心血管超音波検査数


心血管超音波検査数
2001年 1496
2002年 2142
2003年 2404
2004年 2781
2005年 3244
2006年 3672
2007年 3603
2008年 3812
2009年 4525
2010年 5189
2011年 6493
2012年 7163
2013年 8396
2014年 10625
2015年 12856
2016年 14013




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト