■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|循環器内科

重症大動脈弁狭窄症に対する低侵襲治療(バルーン大動脈弁形成術:BAV)

循環器内科 黒田 優


【大動脈弁狭窄症とは】
大動脈弁は心臓から全身に血液を送る大動脈の根元にある逆流防止の扉で、この弁の開口部が狭くなった状態が大動脈弁狭窄です。大動脈弁狭窄症が悪化すると、心臓から全身への血流が低下し、また血液を送り出す際の負荷が増大するため、心不全や狭心症様症状、失神などの症状が出ます。


イラスト
(エドワーズライフサイエンス社 ホームページより)


【バルーン大動脈弁形成術(BAV, Balloon Aortic Valvuloplasty)とは】
この治療は大動脈弁狭窄症という疾患に対して行われます。カテーテルを用いて、バルーンで狭くなった大動脈弁を拡張する治療です。重症大動脈弁狭窄症に対する治療の標準的な手法は外科的な大動脈弁置換術ですが、高齢やリスクが高く外科手術が難しい患者さまに対し、バルーンによる弁形成術(BAV)が1980年頃から行われてきました。
実際には鼠径部(太ももの付け根)の血管を穿刺して、3mm弱のカテーテルを挿入します。そこから、大血管を経由してバルーンを大動脈弁まで挿入し、バルーンを拡張することで狭窄をなくします。


イラスト


BAVの対象となるケースは、例えば状態が悪く(心臓機能が悪い場合、薬剤で治療困難な心不全の場合、感染、認知症が大動脈弁狭窄症によるものかどうか不明な場合など)、このまま手術を行いにくい患者さまに対して、ブリッジ(代替治療)としてBAVを先行させる等が考えられます。
このような方法を取ることにより、より安定した状態で手術を行ったり、BAVによりさらに全身状態が改善して結果的に外科的な弁置換術が可能となる患者さまもいらっしゃいます。
また、骨折などの整形外科的な手術などの心臓外の外科手術前にBAVを行って、周術期(術前・術中・術後を含む一連の期間)の心血管リスクを少しでも下げてから手術を行うなどの手法もあります。


【当院でもBAV治療が行われました】
2016年11月より、高齢やリスクが高く外科手術が難しい患者さまに対しBAVを行っております。当院では、より安全にBAV治療を施行するため、医師だけでなく、看護師などの医療スタッフも含めてハートチームを結成し、術前の検討会にて協議を重ね、心臓血管外科および麻酔科の協力のもとに治療を行います。また、最新のハイブリッド手術室(*)を使用し、いかなる合併症にも対応できるようにしております。BAVを行った患者様は重症でしたが、BAVを行ったことで皆さま順調に経過しています。

(*)ハイブリッド手術室とは、3D撮影も可能な高性能の心臓・血管X線撮影装置を備え、空気清浄度、人工心肺装置・麻酔設備等様々な基準を満たした手術室のことで、外科手術と血管内治療のいずれにも同時に対応することができます。


【治療の様子(最新のハイブリッド手術室で行っております)】
イラスト



【大動脈狭窄に対してのバルーン拡張をしているところ】
イラスト



【治療後、ハートチームのメンバー(淡路医療センターの岩崎先生の指導の下行いました)】
イラスト


【経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)に向けて】
BAVは一時的に弁口面積が広がり症状が改善するものの、数ヶ月から一年程で再び狭窄します。このような問題点を克服するため、大動脈弁をただバルーンで拡張するだけでなく、弁を留置してくるという治療法(TAVI)が2013年から日本でも行われるようになりました。
TAVIの施設認定は厳しくハードルが高いものでしたが、当院でも準備が整いTAVI認定施設になれるよう申請を行っている段階です。今後、手術の難しい高齢者に対して、より低侵襲な治療法を提供できるよう精進してまいります。


【当院を受診するには】
循環器専門医が平日どの曜日も外来をしております。かかりつけの先生からのご紹介でも、直接ご来院いただいても(紹介状がない場合は別途料金がかかる場合がございます)、心臓に関してお困りのことがございましたら真摯に対応させていただきますので、診療担当表をご確認の上、受付時間内にお越し下さい。




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト