■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|循環器内科

重症心不全症例に対するCRT(心臓再同期療法)について

心臓血管不整脈センター 足立和正


現在、心臓疾患は日本人の死亡原因の2番目にあげられ、年間約20万人のかたが本疾患で亡くなっています(厚生労働省の2014年人口動態統計による)。心臓病には狭心症や心筋梗塞といった心臓血管病である虚血性心疾患、不整脈、心臓弁膜症、拡張型心筋症、肥大型心筋症などがありますが、これらすべての心疾患が最終的には心不全へとつながっていきます。心不全とは心臓のポンプ機能が低下して全身に十分、血液を送り込めなくなり、息切れ、むくみ、易疲労感などの症状がでる状態です。心不全が重症化すると肺に水分が貯留し、呼吸ができなくなって最終的に死に至りますが、それまでに心室頻拍や心室細動といった頻脈性の致死的不整脈が突発的に出現し、突然死することもあります。


イラスト


心不全の治療はこれまで、強心剤や利尿剤などの薬物治療が一般的でしたが、1994年に両室ペーシングというペースメーカーを応用した新しい治療法が欧米の学会で報告されました。これは心不全の人の一部では心臓の左心室壁の収縮するタイミングが前と後ろでずれており、そのためにただでさえ弱った心臓の仕事効率をさらに悪くしているという点に注目した治療法です。両室ペーシング療法とは右心室と左心室(冠状静脈内)にリード線を挿入し、左心室壁の前と後ろをペースメーカーにて同時に収縮するように刺激する方法です。この治療法は心臓再同期療法 ・両室ペーシング療法(Cardiac Resynchronization Therapy;CRT)とよばれ、これまで数々の大規模試験でその有効性が認められ、欧米を中心に心不全の治療法のひとつとして広く利用されています。CRTにはCRT-P(CRT-PのPはペースメーカーという意味です)とCRT-D(CRT-DのDは除細動器という意味です)というものがあります。

日本でも2004年にCRT-Pが保険適用となり、重症心不全の患者さんの治療に使用され始めました。明石医療センターでも2004年7月よりこの治療法を取り入れています。 しかしこの治療法では心不全のポンプ機能の改善はできても、致死的不整脈を引き起こして突然死してしまうかたまでは救うことができませんでした。そのような患者さんには植え込み型除細動器(Implantable Cardiac Defibrillator: ICD)という電気ショックを発する特別な除細動機能のついたペースメーカーが必要となります。これまで日本でもICDは存在していたのですが、反対にこれでは心臓再同期療法が行えず、ポンプ機能不全である心不全には有効ではありません。そのため2006年8月より両室ペーシング機能付き植え込み型除細動器(Cardiac Resynchronization Therapy Defibrillator; CRT-D)が日本でも保険適用となりました。


イラスト


これは心不全と致死的不整脈の両方に対応した、重症心不全と戦うための最終兵器です。CRT-Dは植え込み、その後の管理が通常のペースメーカーに比べて複雑で難しく、心臓専門の病院であっても、どこの病院でも扱えるものではなく、厚生労働省により厳しい施設基準が設けられています。循環器内科と心臓血管外科が併設されており、さらに所定の研修を受けて学会の認定を受けた不整脈の専門医が常勤している病院でないといけません。明石医療センターではそれらの厳しい基準を満たし、CRT-D療法が日本への導入と同時に行えるようになっています(2006年8月1日保険適用)。現在までに約300名のかたがこの治療を受けられ順調に軽快されています。CRT-Dはすべての心不全のかたが適応になるわけではありませんが、適応のあるかたには夢のような治療法となる可能性を秘めています。心不全で不整脈を伴った患者さんは一度不整脈外来(毎週月曜日か水曜日の足立外来)でご相談ください。各種検査の結果、適応があるかたには植え込み手術を考慮させていただきます。

この記事は2006年9月20日の当センターホームページの記事に対して加筆修正を加えたものです。




■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト