■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|循環器内科:医療記事

禁煙は“転ばぬ先の杖”

医長 松浦 啓

喫煙は、高血圧、糖尿病、高脂血症と並んで動脈硬化の原因のひとつです。喫煙により、冠動脈硬化による虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)や、下肢動脈硬化による閉塞性動脈硬化症がの発症するリスクが高くなります。増加します。タバコの煙に含まれるニコチンには交感神経刺激作用があり、血管の収縮やそれに伴う血圧の上昇の原因となります。また、おなじく煙に含まれる一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンとの結合作用が強いため、酸素とヘモグロビンの結合を妨げたり、コレステロールの変成作用や、血管内皮細胞への傷害作用により、を介して動脈硬化の原因となるを促進させたりすることがわかっています。


循環器内科では虚血性心疾患や閉塞性動脈硬化症に対する診療に力をいれています。いるためこれらの症例に多く遭遇しますが、特に症例として、男性の症例では喫煙者が多く見受けられます。の割合が比較的高いのが現状です。喫煙は、動脈硬化の他の原因危険因子が薬剤治療できるのに対して、喫煙は、医療側の介入が難しく、当人の禁煙しようとする意志や努力がないと改善・予防危険因子の除去はできません。急性心筋梗塞になって病気の怖さを知ってから禁煙を始める方が結構いらっしゃるのも事実です。

イラスト

痛みを経験しないとその気にならないのは禁煙に限ったことではないでしょうが、命にかかわる痛みですから是非とも“転ばぬ先の杖”の禁煙をこころがけてください。また、たとえ“転んで”しまったとしても遅くはありません。禁煙により虚血性心疾患の再発が減らせることも事実ですから・・・。



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト