■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|放射線科:検査紹介

核医学(RI)検査

微量の放射性同位元素(アイソトープ)で目印をつけた薬を使って病気の診断を行う検査です。放射性同位元素(アイソトープ)で目印をつけた薬を静脈注射して、薬が特定の臓器や組織に取り込まれ、そこで微量の放射線を出します。その放射線を測定できる特別なカメラで撮影して、その分布を画像します。脳・心臓・肺・骨・甲状腺・腎など全身の臓器(疾患)に利用されます。

【特徴】

RI検査は体内に放射線核種という薬剤を検査前に投与し、人体から出てくる放射線を機械で収集しそれを画像化するものです。こう書きますとどことなく恐ろしい検査のように見えますが、注射する放射線核種の量はごく微量ですし、時間とともにどんどん体内から排出されて行きますので、非常に安全で副作用(将来的な副作用も含む)等もありません。 検査自体は簡単に行えるのですが、使用する薬が比較的高額ということもあり、精密検査的な色合いが強い検査となっています。



【東芝社製;E.CAM Signature】

イラスト



【心筋シンチ】

イラスト



【脳血流;ARG】

イラスト



【脳血流;SSP】

イラスト




【骨シンチ】

イラスト





■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト