■サイトナビゲーション


診療科・各部署のご紹介

診療部|外科:医療記事

抗がん剤について


抗がん剤とは、がんの増殖を抑える治療で、化学療法とも呼ばれています。
がんの3大治療と呼ばれる、@手術、A放射線治療、B化学療法のひとつです。外科というと手術をする科だと思われる方が多いと思いますが、当院外科では手術以外にも抗がん剤治療も積極的に行っています。

がんを完全に治す治療の多くは手術によるものですが、手術では取り切れないほどに進行してしまったがんや、手術はしたけれども再発の危険性が高い場合に、抗がん剤治療、つまり化学療法を行っています。また最近では、手術不能とされていたがんに対して化学療法を行うことで、手術可能な状態までがんを縮小させることが可能な場合もあります。

抗がん剤と聞くと、多くの方は副作用(有害事象)を心配されます。強い吐き気、脱毛、免疫の低下など、抗がん剤の種類に応じて様々な副作用が出現する可能性があるのは確かです。
ただ、少しでも楽に抗がん剤と付き合っていけるよう、副作用をコントロールできるような薬も多数開発されてきています。その結果、入院が必要な抗がん剤治療は少なくなり、通院で行える治療の選択肢が増えてきているのが現状です。

そういった時代の変化に合わせ、当院では外来抗がん剤治療専用の外来化学療法室を設置し、専門的な知識を有したスタッフ(化学療法認定看護師)が常駐することで、少しでも安全に、また安心して治療を受けていただける環境を整備しております。

抗がん剤の治療は日進月歩であり、治療を行っている最中にも、新たな抗がん剤の開発が進んでいます。当院でも常に最新の治療を導入し、がんと闘う患者さまの力になれるよう環境を整えてまいります。



■科内リンク


■サイトコンテンツメニュー


■バナーエリア

臨床研修医募集
後期研修医募集
明石医療センター高機能フロア
附属看護専門学校


■当サイトのご利用にあたって


■コピーライト